【視点かえられぬYellow-Monkey Jap】

中国とロシアの艦艇が家の周りを一周すれば「何事か?」と胸騒ぎは当然
でもそれは庭先で合同演習を繰り返された将軍さまとて同じこと
政治で上手く行かないが故に軍事で威圧する
そこに軍事力の意味とともに政治(外交力)の弱さが露呈する
無論バランスは必要であるにせよ 無駄な軍備は浪費と化す
有効な軍備とは何かといへばサイバー攻撃や宇宙戦争に他ならず
罪なき国民の命を奪うことなきサーバー攻撃や宇宙戦争に舞台を変えなくてはならないのだが
何事も指示待ち状態のこの国にそれだけの考えはなく
果たして「持たぬことの強さ」が脚光を浴びる時は来るのか・・・

パトロールと称して既成事実作りに励む両国の誘発に 台湾同様米国は注視しかできず
「遺憾」の意を発すれば将軍さまが「ブ―メラン」と揶揄することになろう

核禁条約への参加とともに
米国依存からの脱却とともに中露包囲網(米、英、欧州連合、NATO)ともに宇宙戦争準備に舵を切れば
そこに日本としての立ち位置が開けるものを
残り29年 未だ再生エネルギーと損得勘定を同一で考える輩たちにその考えはないらしい
視点かえられぬYellow-Monkey Jap
間違いなく失われた30年は40年になる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【視点かえられぬYellow-Monkey Jap】 はコメントを受け付けていません

【河ウソ1億5000万円問題 首相「十分説明」】

首相になった慢心からか
地元へ帰っての裏切り報告に広島1区の有権者は如何なる判断を下すのだろう
本来拘置所に監修されるべきはアベや二階のはず
無実を主張していたカワウソオスが取引成立で一転控訴を取り下げたのは告示の日
カワウソオスも満額金額に応えたのか
これですべて終わりとばかりに地元に帰り首相就任報告をすればすべて上手く行く
「おらが町の首相」も所詮党利党略に屈し首相になったボンクラ政治屋
広島県民は許しても国民は忘れない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【河ウソ1億5000万円問題 首相「十分説明」】 はコメントを受け付けていません

【政権持回り制度】

候補者が自分のスローガンを説いたところで政党政治に従うしかなく
党首にならない限り何もできない
民主主義などといいながら意味も分からず
形だけの議論と多数決の民主主義ごっこに民主主義などなく
選挙時だけ根拠なき理想論を説いては私利私欲に走り誰一人責任も取らない
それで「次の日本に責任」(萩生田)はないだろう
みなそれぞれの理想論を特のであれば
何度も提案しているように政権を持ち回りにすればいい
当番制になることで「ごっこ」が取れ真の民主主義となる
但し法案を真剣に審議するようになることでなかなか決まらないことが多くなる
昨今の専制政治をしている中国やロシアといった共産主義国はそんな弱点を衝いてくる
しかし多数決で決める今の日本自体専制政治を行っており現状の信用不信を見れば言うに及ばず
何事も「俯瞰」から解法を見出し、評価と原因分析を重ねれば解決は出来る

何度も言う
この選挙の大義は「政治とカネ」に他ならない
自民党に政権をとらせれば「信任を得た」とすべてが闇に包まれたまま また無駄な年付を浪費することになる

もっともそんな過ちを繰り返しこの国は消えて逝くのかもしれない
日本人として人類を終えるのか 他国人となって人類を終えるのか

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【政権持回り制度】 はコメントを受け付けていません

【証券民主化運動】

同じようなことを考える人はいるもの
第2次大戦後 日本の資本主義の再生を語る上で欠かせない政策があった
財閥や政府が戦前に保有した株を国民に持ってもらおうとした官民共同で進めた「証券民主化運動」
きっかけは米国による財閥解体なのだが
戦争中の戦費確保のための貯蓄増強の国策が戦後は救国貯蓄増強方策と名を変えて
インフレーション防止と資金蓄積のためにすすめられた「証券民主化運動」
戦費消費による国力増強のために行われたこの国策は成功した
そして20年後
「株式の大衆化で新たな繁栄」を説いた松下幸之助の発想もここにある
失われた30年間政権をとった自民党は何故に先人の知恵に学ばないのか
そこに今日の政治家ならぬ政治屋と化したバカどもの私欲がある
「国も企業も国民も栄える」などと縦割りで見下ろすのでなく
「国民も企業もよければ結果国も栄える」と目線を下げ見上げる
それが救世済民の基本であり資本主義の基本でもあることを忘れてはならない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【証券民主化運動】 はコメントを受け付けていません

【目線そらし】

いつものごとくマスコミを用いた自民党誘導が始まる
選挙の大義を操るもブレてはならないのは「政治とカネ」

「成長なくして分配無し」「分配無くして成長なし」などと耳にするも
成長とは何か?
「成長=経済成長」「成長=税収増」「成長=所得増」
「所得増=最低賃金アップ」と何故に単純化して考えるのか
財務事務次官のバラマキ批判
富裕層が金融所得を得ているのであれば
最低賃金アップでなく皆が金融所得を得るようにすればよいだけのこと
野党の言う「金融所得に増税」なる愚策を進めれば国内の個人投資家は減る
何のためにマントヒヒ小泉と竹中政商学者が優勢を民営化したのか
海外資産家による国民の郵貯をねらってのことだろうが
つまり海外投資家が日本市場を独占する目的に他ならない
ならば国債のごとく郵貯株も国民に持たせればよいだけのこと
国民が株主になり皆して育てれば10万円が2倍にも3倍にも増えるかもしれない
少子高齢化の日本で株による不労所得者を増やせば企業も国民も安泰
カネのバラマキにもあたらない
10万円の山口(公明党)が財源を巡って野党批判をするも
やっていることは野党と同じだろうが
この場に及んでGoToキャンペーンの再開を叫ぶこと血税の無駄だだろうが
GoToキャンペーンなどしなくとも遊びたい輩は遊ぶ
コウモリ山口に原油高騰や円安は頭に入っているのか
今や宗教団体のコウモリ党は要らない
政治とカネ
「森加計、桜、カワウソ、虚偽答弁」は何処へ行った
自公が勝てば「森加計、桜、カワウソ、虚偽答弁」も消えてなくなる
国民おバカ度を測る選挙

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【目線そらし】 はコメントを受け付けていません

【阿蘇山噴火】

「二度とこのようなことがなき様」と被災者がいえども
懲りもせず山に登る輩たち
そのつど自然相手にシャーロックのようなクレーマーが地元や気象庁を訴える
自然現象を止めることなどできるはずがなく
二度も三度も起きることを悟り 好き好んで危険な山になど登らないことだ
入山時に「自己責任につき責任は問わない」なる一筆とれば好き勝手すればよきこと
TSMCが熊本に来ることでお祝いに噴火したのだろう

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【阿蘇山噴火】 はコメントを受け付けていません

【経済対策とはバラマキにあらず】

一雨一雨と冬に近づき 最低気温が一桁となった これで例年通り
ペレットの注文は例年通り9月末から来るも
昨今の止まらぬ原油高を考えれば今年は忙しくなりそうだ
再生エネルギー vs 化石燃料
NATOが今月 ロシアの外交官をスパイ認定したことに対し
ロシアは北大西洋条約機構(NATO)のロシア代表部の業務停止を発表
これがトリガーになりエネルギー戦争が加速すれば世界経済衰退への新たなる火種になりかねない
世界一の石油原産国の米国は何をしているのか?
日本はといへば 日本政府の産油国への働きかけとはどの国のことを言うのか
岸田がバイデン氏に電話すればよいだけのこと
為替ドル円は114円となればバイデン政権にとっても悪い話ではない
円安にはできても円高にはできない思考停止の日銀
となれば政府は減税を以て経済対策をすべきものを
与野党からは何の声も聞かれない
リアルタイムで経済対策が打てない
税金の使い方が判らない
これが日本の政治

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【経済対策とはバラマキにあらず】 はコメントを受け付けていません

【みんな政治でバカになる②】

衆院選公示日にカワウソオスの控訴取り下げ
無罪(真実自白)を主張していたカワウソオス
「真実自白」を生活保障額つり上げの交渉材料に使ってきたのだろう
秋元の不出馬にカワウソの控訴取り下げ
自民党も選挙戦にむけてスキャンダルの沈静化に躍起
これで「政治とカネの問題」にけじめをつけ
あとは選挙に勝てばアベ同様「国民に信任されてた」となる
それにしても国会議員は罪を犯しても自らが辞めるとしない限りは居座る事が出来る
給与もボーナスももらえる
10万円公明党が「ならば4割」って「人の意見を聞く公明党」誰の意見を聞いたのか
如何なる野党の声も自民党に比べればすべて正しい

日経(21/10/17朝刊)によれば世襲及び当選6回組候補の勝率は8割を越えている
地盤・看板・カバン(カネ)の3つの「バン」が旧態依然と選挙を支えている
「地元にカネをバラまく見返りに3つのバンを宜しくね!」
これじゃ国際問題も格差是正もないでしょ!
みな「今だけカネだけ自分だけ」が国力を削いでいく
そんな輩たちに政策も正論も通じるはずはなく 時価の無駄というもの
異例の短期決戦というも 短期の方が密約ができずよきこと
未だ「勝たせてください」「助けてください」のお願いだけの選挙 当選すれば天狗の花
暴力団みたく黒塗りのワゴンに乗って「今だけカネだけ自分だけ」と
また政治家になれぬ政治屋活動に勤しむ始末

視野狭き有権者が国を衰退させる
故に麻生から「新聞を読まない人が増えれば自民党は勝つ」
「投票率が下がれば自民党が勝つ」などと本音が漏れる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【みんな政治でバカになる②】 はコメントを受け付けていません

【エネルギーに始まりエネルギーに終わる】

デジタル課税「法人税最低税率を15%」は画期的と自画自賛したところで
瞬時としてDELETEできるデジタルをどうやって管理するというのか?
相も変わらぬめでたきG20財務相・中央銀行総裁会議
くわえて「原油の上昇は一過的なもの」と何の根拠もないおバカな発言
この甘い見方が駄々っ子中国を甘やかすことになる
再生エネルギー vs 化石燃料 は間違いなく長引くものの誰にも恩恵はない妬み経済戦争
ここで再生エネルギーにブレーキがかかるか
乗り越えられるか越えられないかで人類の運命が変わる
「今だけカネだけ自分だけ」のyellow-monkeyからは早くも原発再稼働発言
無能黒田もボン岸田も相も変わらず見てるだけ~
「関係国と協議の上(=関係国からの指示を待って)対処したい」なるいつものフレーズを流すのだろうが
コロナさんのお次は経済津波
しかしこの原因は外交努力 外交は口での戦争 行き着く最後は宇宙戦争
最後はエネルギーに始まりエネルギーに終わるのか

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【エネルギーに始まりエネルギーに終わる】 はコメントを受け付けていません

【一強を許した「今だけカネだけ自分だけ」】

今頃になって化石燃料の検討をし始める政府
思考停止の黒田を筆頭に円安にはできても円高にはできず
このまま日本が売られるのを見ているだけ
物価は上昇するも人件費は上がるどころかなお一層下がることにもなりかねない
予想したとおりに近隣諸国がやってきて日本を買い漁ることになるだろう
ボン岸田の言う「新しい資本主義」とは海外企業への依存を意味するのか
古い資本主義を作ってきた輩たちが新しい資本主義など作れるはずはなく
まずは何が原因なのかの説明と謝罪から始めるべきものを・・・

日曜討論で論点をそらすべく甘利が「民主主義vs共産主義の選挙」などと発するも
民主主義の対立軸は共産主義でなく資本主義だろうが
中身なく自由気ままに「今だけカネだけ自分だけ」を繰り返した結果今日の資本主義がある訳で
その先導をしたのは自由民主党に他ならない
その結果 ボン岸田でさえ危機感を抱き「民主主義の危機」などと発するも
本音は「自由民主党の危機」
だから死守私欲のためにスカからボン岸田にすり替えるも中身は変わらず
あ行三バカの甘利が表に立った

長年洗脳された国民もまた「今だけカネだけ自分だけ」
狭き目先にピントを合わせ全体が見えぬまま投票を繰り返せば
トップカットに走り人権や環境に重きを置き始めた欧米から後れを取り相手にされなくなり
やがて国買い荒らされ 無くなる
政治も企業も「今だけカネだけ自分だけ」から脱却ができるのかに全てが掛かっている
マスコミもこぞって「一強を許した野党の責任」などと言うも
一強を許したのは「今だけカネだけ自分だけ」の視野狭きおバカな国民だろうが
目を覚ませ!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【一強を許した「今だけカネだけ自分だけ」】 はコメントを受け付けていません