【感染さんが衝く】

金融庁や財務省が改善命令を出したところで
サイバー・ウィルスを止めることなどできず
新生はSBI 三菱UFJも信託にて発覚
こうして日本の金融が売られて逝くのを演出しているに過ぎない財務官僚のバカども

そんな中、南アフリカでの変異株「オミクロン」のおかげで円高にぶれ
政府や日銀の思考停止に国民にとっては不幸中の幸い
島国でありながら水際対策も打てず 全ては他国の真似
それでも懲りもせず出来もせぬ目標を掲げては嘯く政治屋ども
自民総裁選の真似をしては立憲も振出しに戻り 国は衰退の一途をたどる
「今だけカネだけ自分だけ」が新たなる変異株を呼ぶことなど皆分かっていながら
「カネにならないからやらない」なる輩たちに感染さんが教育を続ける これよきこと

核を保有したところで何の意味もなく
カネを集めたところで使い方を誤れば自らの寿命を縮める
悟り嘆く姿を一日も早く見たいもの

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【感染さんが衝く】 はコメントを受け付けていません

【底をつかねば分らぬバカども】

相も変わらず東へ西へと動いては11月が過ぎた
政府には「再生エネルギー vs 原油国」の戦いの危機感がないらしい
良い円安などと評価する思考停止な日銀総裁と
「米国から言われたから」と国家備蓄を放出することにした
これら輩たちに経済観念など何処にも見当たらない
あるのはいつものカネを配っては票を集め経済ごっこをするという幼稚な愚策
赤旗に負けじと文春も
広島に鞍替えをした公明党斉藤鉄夫国交相の公職選挙法違反(有権者買収)の疑いを報道
広島出身のボン岸田も茨城の応援演説に参加したトラック協会関連の有権者に日当5000円を支払う
とまあ広島の人間は候補者も有権者もみな「選挙=カネ」なる気質なのかもしれない
と思へば長野市では期日前投票所で高齢者施設関係者が入所者の投票干渉

何れもベテラン議員の選挙違反
何期も政治に携わりながらもこの様となれば 大幅なルール改正が叫ばれても良いはずなのだが
残念ながらまともな政治家がいないのが現状
だからして草の根の市民団体が物申す必要がある 監視する必要がある
またもや「政治とカネ」なる大義がぶれた今回の選挙
・一票の重みを増すためにも選挙でなく「国民審査」に変えよう!
・政権は数による与野党でなく、政策による持回り与党に変えよう!
こんなこと20年も前から提示しているのに・・・
「新しい資本主義」などでなく「新しい国民審査だろうが」
底をつかねば分らぬバカども

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【底をつかねば分らぬバカども】 はコメントを受け付けていません

【政党交付金をぶっ壊せ!】

経団連、連合はじめネトウヨが大嫌いな赤旗(共産党)が各党の「返納逃れ」(血税溜め込み)を報道
余った政党交付金を国庫に返納せず基金にため込む「返納逃れ」
日刊ゲンダイは「身を切る改革」を掲げる日本維新の会が2018~20年の交付金総額約47億円のうち、3割弱をため込み 20年は15億円を超えると報じた

21年の自民への政党交付金は約170億円
岸田内閣の閣僚や自民党幹部もタップリと血税を「蓄財」していることが分かった
岸田首相2638万円、萩生田経産相1259万円、岸防衛相204万円、山際経済再生相99万円
麻生副総裁1930万円、高木国対委員長1621万円、遠藤選対委員長296万円など
政党交付金をもらっていない皆の嫌いな共産党
21年の政党交付金は約311億円(原資は国民1人当たり250円の血税)
1年間で使いきれなかった交付金は国庫に返納するのがルールだが「基金」に積み立てれば返納を免れる
自民党は各議員が設立した「基金」に余った交付金をプール
故に老害二階がカネをバラまいては権力を維持する始末

維新が火をつけた「文書通信交通滞在費」とは桁違い
Net社会の現在 文通費の日割りなどでなく在り方そのものを問うべきだろうが
政党助成金も共産党のように弁護士活動や病院経営など社会貢献をして自ら活動費を稼げばよいだけのこと
弁護士でも医者でもない世襲議員は額に汗して働けばいいだけのこと
交通誘導議員やタクシードライバー議員、非正規介護議員がいてもよいはず
・交通誘導議員ヨレヨレ日記
・タクシードライバー議員ぐるぐる日記
・非正規介護議員ヨボヨボ日記
売れるで~!

下から目線にすることで真の政策を立てることができるはず

おバカなネトウヨは「非難ばかりの野党」などとほざくが
非難されない与党でないが故に非難をするのだろうが!
政治にカネがかかるのでなく政治にカネをかけているのは政治屋自身
政党交付金をぶっ壊せ!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【政党交付金をぶっ壊せ!】 はコメントを受け付けていません

【お家事情】

再生エネルギーvs原産国 に変化が見えだしたのは米国からの要請による国家備蓄石油の放出ばかりでなく
原産国の御家事情と重なったとみるべきだろう
湾岸産油国の「脱石油ビジョン」の関係諸国の足並みの乱れ
サウジによる「中東ビジネスの首都」をUAEからサウジへと企て
重要な石油が亡くなれば王室への忠誠が保たれなく その代わりとして出された消費税
背に腹は変えられず が本音だろう

一方日本はといへば さらなる一手としてトリガー条項解除をすれば
OPECへのさらなる圧力となるものを
「ガソリンの買い控えや、その反動による流通の混乱、国・地方の財政への多大な影響などの問題から凍結解除は適当でない」とかたくなに拒む経済音痴の松野(自民党)
減税して買い控えになるというおバカぶり
自国では何もできず
世界一の原産国米国から指示が出されなくては何もできない各国のお家事業

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【お家事情】 はコメントを受け付けていません

【残された煩悩】

世の中文書を書くことが煩悩の一つとなっている(無論自分もその一人なのだが)
女流作家の増加やSNSの増加もその表れと言えるも
小説を読む時間も惜しいのか答えを急ぐせわしい時代となった
確かに要点探しのななめ読みをしている自分がいる
時間の短さや世のせわしさは加齢ばかりのせいでなく国の衰退の占めるウェイトも大きい

中国から対面での外相会談を要請される
外交は重要な政治家の仕事
ここで日本の方向がわかる
中道のイメージを与えて票を伸ばした維新と国民も
中国から見れば右傾化にしか見えず
会談目的も右傾化阻止なのだろうが
そのかけ引きに尖閣が引合いに出されれば 益々右傾化に弾みがつく
そんなことを知ってか知るまいか戦闘要員でもあるネトウヨの口調はいつも司令官目線
おバカな国民が戦争を駆り立てては同じ過ちを繰返す

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【残された煩悩】 はコメントを受け付けていません

【おかしな国ニッポン③】

●未来社会を切り開く「新しい資本主義」の起動 28.2兆円
・10兆円規模の大学ファンド:5.5兆円
・マイナポイント第2弾:2兆円程度
・先端蓄電池の生産拠点への補助金:1000億円
・看護師、介護士、保育士らの賃上げ:3000億
・18歳以下への10万円相当の給付金:2兆円程度
これらバラマキから何処へ向かった未来社会が見えるのか
「新しい資本主義」ってどこが新しいのか
・カネがなければ研究ができないのであれば頭を使え
・遊び人はポイントがなくても遊んでいる
・先端蓄電池とは全固体電池を意味するのか
・国家予算同様内容吟味無しの金額ありきのバラマキはいつものように「初回限定」
二度目以降はすべて利用者負担増となる
・960万も年収が有り何故にカネが必要なのか?その目的は

この効果なきバラマキで日本は衰退の一途をたどる
アベと何ら変わらないと思えば案の定歳出拡大にアベの影がある
いい加減この男もキラーの対象にしなくてはならない
国民には10万自分らは日当100万
故に「身を切る改革」(維新)に票が集まる
「文通費日割り」は決着でなく 「文通費」の在り方自体を見直すべき
久々に橋下がまともな提言をする姿を見て旧民主党政権時の事業仕分を思い出す
ただ政治屋よりも何の責任もなく言いたい放題のコメンテーターの方がカネも稼げるし気楽な商売
「デフレ下におけるインフレ対策」なる愚策が国の衰退を早める
天災さん 経済音痴はポアしよう!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【おかしな国ニッポン③】 はコメントを受け付けていません

【おかしな国ニッポン②】

「子育てだ!子育てだ!」と子育てにカネをばらまいては未来委託するも
子育て以上にお金がかかるのは親の介護にも関わらず
誰一人として何も言わない
減らぬ火災と死刑になりたい若者
これら社会現象を警告と捉えられないバカども
10万円で生活ができるかどうかナッチャン(山口那津男)を使って1年ほど実験をしてみてはどうだろう
彼にも親がいれば介護は大きな課題となっているはず

売れるからと殺人プリウスばかりを作り続けるのでなく
自動運転やEVで出遅れれば
せめて老人が運転しても事故が起きない車の開発にでも注力してみてはどうだろう
国は三河自動車のご機嫌をうかがうばかりでなくアクセルを離せば止まるe-Powerを標準とするなど・・・
成熟期から衰退期に移行する車産業にもまだやり残している課題は多い

売れるのでなく必要なモノ
票が取れるからでなく必要な人に必要なバラマキ
みずほは時間の問題 となればお次は三菱UFJ
サイバー攻撃に拍車をかけるかのように害虫と化した経団連や連合をはじめとした既得権益集団が国(政治)を蝕む
筋肉脳みそのアスリートさえも「やめなくてよかった!」とコメントしているのに
あっさりと野合を止める立憲民主
責任はとっても原因分析をしない立憲民主 
責任もとらず原因分析もしない自由民主

ご飯論法※1によりこの国の政治を失墜させた馬鹿夫婦はいまだ富ヶ谷に健在

※1:「朝ごはんは食べなかったんですか?」なる問いに
「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」と答えるように
論点ずらしで不都合な真実を隠す話法
「桜を見る会」でアベの事務所が参加者を応募する文書を配布したことについてアベは
「幅広く募っていると聞いているが、募集しているという認識はなかった」

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【おかしな国ニッポン②】 はコメントを受け付けていません

【キラー衛星】

ロシアが7月に続き2度目の衛星攻撃実験
目的は米国の宇宙兵器への揺さぶりなのだが
中国にロシアの技術が流れていることを考慮すれば中露vs米国なる構図に勝ち目はない
これを機に宇宙軍拡が激化すれば28年2カ月は人間自らにより より短縮される
地球を征服するのは宇宙人でなく人間だったという 何ともお粗末な話
これを天災さんが知れば次なる警告を送り込んでくることは間違いなく
日本は後手後手のまま渦に巻き込まれ 宇宙塵となるのだろう

日経が今頃になって「実質実効レートの低下」を記事にするも 遅すぎた
BISが日本の輸出競争力低下を説明するも黒田総裁は「よい円安」などと思考停止
選挙を以っても日銀総裁や財務官僚を罷免することはできず
となれば日本の中小零細の開発テーマは「キラー黒田」「キラー財務省」の開発だろうが

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【キラー衛星】 はコメントを受け付けていません

【成長なき分配を繰返す悪循環】

「成長と分配の好循環」を信任したバカの二乗たち
30年以上も経済成長なくして「成長の果実」とは「SUS入ワクチン」のこと?
長年世襲政治屋を中心に政治をしてきてこの様となれば全員退場だろうが
デフレ不況にもかかわらず増税をし続ける無能さの背景にある「今だけカネだけ自分だけ」

鹿女高市が「国民に安心と希望を届ける」と発したところで
「国にとっての安全」とは何か「国民にとっての安全」とは何かから議論しなくてはならない
希望を語る前に「この国が今何処へ向かおうとしているのか」を提示しなくてはならない

主要国の中でGDP(個人消費)が伸びないのは何故か?
何故に消費減税をしようとしないのか?
元売りにカネを支給したところでそのまま市場価格に反映する訳でもない
選挙前に薄っぺらな小さなノートに介護現場からの要望を書いたところで
賃上げの負担は利用者への負担増となって返ってきては 弱者切り捨ての利用者減少につながる
逃げない高齢者家族の火災が益々増えよう
こんな政治屋たちに何故に文書通信交通滞在費が必要なのか
維新橋下が疑問提示するも「領収書添付」は生ぬるい
「報告書(目的/成果/私感/方向)」だろうが
1989年の消費税(3%)とともに法人税と所得税が引き下げられ
1997年の消費税(5%)においいても大企業対象に法人税、高額所得者対応に所得税が引き下げられている
これら事実からすれば消費税が社会保障のために必要だったのはウソで
大企業や高額所得者の減税の穴埋めに使用されたことがわかる
格差が拡大すれば高額所得者は増えるばかり
だから故に消費税だけには何としても減税する訳にはいかないことになる
政治屋には100万もの文書交通費を配ろうが 庶民は10万もあれば十分だろう
あとはかき集めの効果の薄いバラマキで乗り切ろう!
こんな輩たちを無くすには天災さん頼みのDELETEしかない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【成長なき分配を繰返す悪循環】 はコメントを受け付けていません

【おかしな国ニッポン】

自称富裕層なる輩たちが都会から脱出
対向車線の長き渋滞をみればGoToキャンペーンの再開などする必要もなく
そこまでしてカネをばらまきたい真の目的は何なのか?
そこに自らへのフィードバックを企てる政治屋たち 政治屋にまとわりつく電通/パソナ/博報堂・・・etc
一般会計に予算をつけたところで大方が人件費と化せば
いくら予算をつけたところで自らの人件費を削減しない限りカネは足りない
もっとも一般会計の中身の大方は人件費であることを考えれば使われ方に問題はなく
だからと言って税収に応じ自らの人件費を下げることなくカネが足りぬと騒ぐ官公労
輩たちの頭の中に国民はなく「今だけカネだけ自分だけ」増税ボタンの企画を練る始末
これに対し納税者は怒って当然なのだが・・・
「増税は仕方ない」とわかったようなふりをしては国に従う信任人 おかしな国ニッポン

政治屋たちが憲法を変えたいと言い出すも
憲法は国民が国(大本営)を見張るためのもの
法律は国(大本営)が国民を統治するためのもの
このことを知っている国民がどのくらいいるのだろう

人多きベッドタウン船橋にて

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【おかしな国ニッポン】 はコメントを受け付けていません