【小賢しき財務省】

Docomoのサーバートラブルが警告を出すも
進まぬ電子決済に向けて 金融機関に向けて手数料値上げを指示
庶民のより所だった郵貯までもがATMの硬貨入金手数料をとるという
「経営環境が厳しい」は理由になどならず
小銭の取り使いを不便にすることにより電子決済へ誘導しようとするその小賢しさ
新札発行と共に硬化をなくし電子マネーになどと言い出しかねない

財務省といへば矢野康治事務次官のバラマキ批判
矢野次官は文芸春秋で誰に向かって言いたかったのか
国民にとなれば「だから増税が必要なんです」となる
しかしバラマキをチェックするのも財務省の仕事
本来この種の発言は政治屋に向けて仕事用ですべきもの
「だから何だというの?」「血税を浪費しているのは政治屋だろうが!」
「財政赤字は国が国民に対して作った赤字である」と明言すべきものを
何年も財務省にいてこの程度となれば財務は罪務
こうした小賢しさに洗脳され 国民が国の衰退を早める

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【小賢しき財務省】 はコメントを受け付けていません

【鷹に狩られても鳩だからできることがある】

総裁になることが目的のボン岸田はあ行三バカトリオに屈した結果
岸田の公約は一つ残らずなくされた
まさにいともたやすく鷹の餌食 まさに鷹狩り

甘利の人事が功を奏し極右鹿女の好き勝手
そもそも何故に「新しい・・・」が必要になったのかといへば
アベの好き勝手な振る舞いが政治の信用を失墜させたことに他ならず
火消し役に立てたスカが中折れすれば
中身なきボン岸田に白羽の矢が立ったことになる
あえてボン岸田だからこそ出来ることといへば
核兵器禁止条約への参加だろう
ノーベル平和賞をもらったサーロー節子さんは岸田の遠戚にあたる
岸田自身多くの親族を被爆で亡くしている
バイデン自身核の先制不使用を説いていることを考慮すれば
バイデンに核兵器禁止条約への参加を申し出たところでバイデン自身反対の理由はない
そもそも原爆を投下した国にもの言える資格などない

鷹に狩られても鳩だからできることがある
その意思を示さないのであれば さっさと去れ!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【鷹に狩られても鳩だからできることがある】 はコメントを受け付けていません

【逃げるな政治屋!相手の身に立って自死せよ!】

「未来選択選挙」が聞いて呆れる
5年後の日本もイメージできないこの国の何処に未来があるのか?
あるのであれば図式化して示してほしいもの
ボン岸田の奥歯の浮くような会見を聞いていると気分が悪くなってくる
シュミレーションなき政策が失敗したら如何なる責任をとるのか

もう責任なき政策など要らない
そんな時間はこの国にない
風任せ、米国頼りのこの国が為替と共に見捨てられる
未だ世界大運動会の検証すらせず
IOCの山下も「終わったこと」と何もしない
この検証なき事なかれ主義がこの国の腫瘍となっているにもかかわらず
出来もしない公約を掲げては保身選挙を繰り返す
人生の大半を政治屋として結果を出すどころか国を衰退させた老人たちが去って逝く
人生を浪費した老人たちに国民に対する自省の念はないのか
やり逃げの政治屋たちに誰も責任は取らせず
散々血税を浪費して財政赤字を作ったアベにもそんな日がやって来る
国民への返済額だけを残して政治屋たちが逃げて逝く
生活ができない人間に融資をするという異常な国
「生活が出来なければ死ね!」とばかりに
だから子供までが逝く

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【逃げるな政治屋!相手の身に立って自死せよ!】 はコメントを受け付けていません

【環境は作るもの】

鉄道の次は携帯
インフラへのサイバー攻撃が進むもデバック程度であり本攻撃ではない
本来ならばインフラからの脱却を進めなくてはならないのだが
危機意識なき平和な輩たち
人工衛星が撃ち落されればこんなトラブルは日常茶飯事となる
対策が打てないとなればせめて慣れておかなくてはならない
国策と真逆のデジタルからの脱出
便利は要らない 便利は人間を退化させる
安全を求めれば人里離れた方がいい時代
人を傷つけたり 子どもが自死したり 信じられない人間とsafety distance
本当は柵や堀を設けたいところ
ようやく環境やロケーションが重視される時代がやってくる これよきこと

震災や水災、火災やドローンから身を守るにはやはり横穴式住居
やはり昆虫や動物が最も進んでいるのかもしれない
小高い丘の上に横穴式住居
エネルギーも食物も地産地消 循環型社会

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【環境は作るもの】 はコメントを受け付けていません

【夢見るおバカさんたち】

景気が良い=税収増加 と考える政治屋たち
2020年度の税収は最高額となれば現状維持
10万円公明党とともに10万支給で終わらせるのだろう
米中始め世界中がTopCutへ舵を切るも日本は追従できず
それもこれも保身から来る「今だけカネだけ自分だけ」
そもそも税金とはインフレ/デフレが起こらぬための調味料
調味料だけが増えれば具を多くするか調味料を減らせばいいだけのこと
調味料を減らせば具は増える
この単純なことが判らない政治屋たち
民間人のみならず企業にも影響を及ぼす消費税
二度の消費増税を以ても 税収は増えても消費は帰らないとなれば減税しかなく
累進課税などと嘯くのでなく物品税を復活させぜいたく品に課税をすればいいだけのこと
物を所有することに喜びを感じる輩たちの満足感を上げることもできる
こんな簡単な解法も導かせないおバカさんたち
穴底につかないと気付かないおバカさんたち
IMFが日本の成長率を下方修正したにもかかわらず
何の根拠を以て「成長 成長」と叫ぶのだろう
幾度となく夢見るおバカさんたち

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【夢見るおバカさんたち】 はコメントを受け付けていません

【経済津波の予兆】

化石燃料高騰による値上げが景気圧迫に拍車をかけるも
輪をかけ為替が113円台後半とダブルで経済圧迫
それでも20日のボーナスを前に政治屋も黒田も何もせず 見てるだけ~

総理総裁になることが目標だった岸田は
あ行三馬鹿に頭を垂れ総裁にはなったものの
次なるは総理になるには選挙に勝つ必要がある
何気なく考えた公約も柵で早くもトーンダウン
原材料、食品、電気料、燃料とあらゆるものが値上がったところで
また10万円をもらったところですぐに消え
配ることを仕事とするのであれば
政府保有のJP株を配った方が三方よしなのに・・・
カネを配っては票を買うことに慣れ切ったバカたち

そんな中G7財務相でデジタル通貨を巡り共通原則案を提示
G7もどこまでもメデタイの奴ら
舌先三寸の中国に何を云っても従うはずはなく
そもそもデジタル通貨発行量の管理のしようがなく
世界中のメデタキ輩たちが地球を衰退させて逝く

ロビー活動でTPP参加を狙う中国
TPPに加入させたら最後 米国もTPPに戻ることはできず
名ばかりの議長国日本に主導権などとれるはずはない
2022年 シンガポール 2023年 ニュージーランド
と議長国が代わればロビー活動の成果が現われ追風となる中国
日本は為替と共に蚊帳の外
それでも皆 見てるだけ~ となれば津波に呑込まれよう
成長なくして分配無し?
衰退あれば搾取有り! となってはじめてネトウヨたちが目を覚ます
凡人たちが国を、世界を亡ぼす日も近い

カテゴリー: 経済津波 | 【経済津波の予兆】 はコメントを受け付けていません

【教育ビジネス改悪】

与野党を問わず「教育、教育」とカネをばらまく前に
ビジネス産業化した教育を問う者は何処にもいない
気がつけば「教育支援」なる言葉が政権奪取へのキーワードとなっている
医療、介護、教育といった生活に無くてはならないものを投資商品化
投資商品に格差はつきもの
結果医療も介護も教育も受けられず国が出来上がった
・竹中平蔵のような何が名誉なのかわからぬ政商学者に経済を学べばこの国はどうなるのだろう
・見た目暴力団や政治屋、ゼネコン幹部と見間違える日大理事たちのタテ社会構造
パンデミックを「教育格差縮小のチャンス」とばかりに規制緩和
デジタル化を進めては個人情報取得の背景にGAFAや楽天、ソフトバンク
未来を担う子供たちの個人データがグーグルに集約
国を挙げてマイナンバーと生徒の成績のひも付けが検討されている
「イノベーション」なる御旗の元目先の利権が優先され 予防原則が脇に追いやられる
無論一人の優秀な講師の講義を受講して単位が取得できれば
・あってもなくてもいい大学も教授も要らない=教育にカネはかからず
・カネ(授業料)は無識者の人件費と理事長や投資家の利益へと化すこともない
・そのカネ(授業料)を稼ぐが故に学生が借金をする必要もない
ただそれは大学生など勉強に対する目的を持つ歳になってのこと
それ以前の思考成長期に必要なのはデジタルではなく問題解決のための多くの視点を持つこと

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【教育ビジネス改悪】 はコメントを受け付けていません

【タテ型社会をぶっ壊すために】

日大背任事件を見ていると暴力団や政界と何ら変わらず
右も左も特権を手にした日本独特の縦型社会構造がある
・前任者の顔を立てるという論理
・前例や習慣を優先する悪しき文化
・善悪を無視した忖度という悪しき文化
・権力・権限は与えても原因分析をせず責任を問わないという悪しき風習
それは今回の自民党の総裁選を見ていてもよくわかる
トップの座につくには自分の意に反した権力者にも屈しなくてはならない

これらをぶち壊すには「原因と対策の明確化」「権限と責任の明確化」が挙げられる
何度も云うように原因分析をしなくては正確な対策は打てない
原因を追及し対策を打った最後に「権限と責任」である
権限を変えるのは当たり前のこと
責任と権限は表裏一体
プロジェクトを始めるにあたって「権限を与えてくれないと」といいながら
権限を与え失敗すると「権限がなかったから」と責任逃れ
原因を追究することがないが故に明確な対策も打てず
あやふやな対策を打ってはあいまいにしてしまうが故に同じ過ちを繰り返す
戦争責任、年金問題、財政赤字、原発問題、コロナ対応、森加計、桜、河ウソ・・・etc
挙げ始めたら切りがない
結果の見える化は指標を決めればいいだけのこと
原因の追究は当事者でなく第三者が行うべきこと

法律に触れないから責任はとらないのでなく
道理から外れていれる法律があれば変えればいいだけのこと
タテ型社会を死守するような法律を作り続け保身に走る政治屋たち
縦型社会を壊さなければ真の民主主義など生まれるはずはない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【タテ型社会をぶっ壊すために】 はコメントを受け付けていません

【脱インフラのすすめ】

防衛省が他国の衛星を攻撃・妨害する中国の「キラー衛星」に対抗した
「宇宙巡回船」の建造を検討しているとのこと これよきこと
何度も云っているように究極は宇宙戦争になることを考えれば
使わぬ軍備をしては軍事ビジネスの拡大だけに血税を浪費することなく
民間人の生命に関係ない宇宙戦争に舞台を変えることはよきこと
逆にここにこそスピーディに日程を組むべきであり
と同時に一極集中からの脱却を推進すべきである

昨日のJR東の変電所火災でのインフラストップも今後益々増えることだろう
その原因が点検ミスだろうがサイバー攻撃だろうが
重要交通インフラが簡単に機能停止することには変わりない
一極集中の脆弱さはありとあらゆる箇所に当てはまる
何事もハイブリット化が必須となるもデジタル化している以上、サイバー攻撃だけは免れない
もっとも人口減少に解を見つけることが出来なければ脱インフラしかなく
その視点からすれば田舎生活が見直される日もそう遠くはないかもしれない
何度も云う 便利は要らない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【脱インフラのすすめ】 はコメントを受け付けていません

【人生最後に 誰と何を話しますか】

西之島の噴火と29日の異常震域が関東を揺らせば
いよいよもうじきと考えてしまうのは自分だけか

10年前の変わらぬ風が吹くも
乾いた風も気温が下がれば今は心地よく
変わらぬ夜空に星座が煌めくも もはや戻れはしない
人々に共通の課題を与えては警告をしてくれるも
警告だったと悟るのは事後のこと
ふたたび感染さんから天災さんにバトンタッチ

それでも共通の課題を与えてくれるが故に論点を明確にしてくれる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【人生最後に 誰と何を話しますか】 はコメントを受け付けていません