【亡国の民】

インボイス推進のために食えぬ会計事務所が全国津々浦々宣教活動に歩き回るも
消費税の必要性を説くその姿は国の回し者にすぎず
国(財務省)は法人には法人No. 個人には事業者No.を用いてインボイスの導入可否を往復はがきで送ればよいだけのこと
軍備増強の財源を消費税に求める国(財務省)に「減税」なる言葉はなく
裏にアトキンソンの影がちらつく
賃金を上げたところで物価が上がれば元の木阿弥

予想通り外資が日本の不動産をあさり始めるも
無策ボンクラ岸田政権は何もせず
本気で統一教会を排除するのであれば与野党くるめて関係議員総辞職
補欠選で禊を済ませなくてはならない

① ハイパーインフレ
② 外交(非核・非戦争)
③ エネルギー
これら問題に対し答えがでなければ民間から解法を募ればよきものを
訳の分からぬ無有識者の意見を以て国が潰れれば誰が責任を負う
その都度DELETEとなればスナイパーも大忙し
少なくとも①③は消費税減税や技術革新で解ける
②は急がば回れと国連改革提起からだろうが

そしてすべての根源は格差解消にあることを忘れてはならない
人口制御もできずグローバル化を進めれば格差が拡大することは想定できたこと
そのためにコロナさんがバラまかれ 怪しげなワクチン接種が強要されているとしたら
今や日本が感染者数トップ
ウイルス死/ワクチン死の指標を出せばすべてがわかる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【亡国の民】 はコメントを受け付けていません

【ドビュッシーの季節】

立秋を知ってのことなのか8日の夜から一斉に虫たちが鳴き始めたものの
22時にはいつものように静まり返り湖面に月が映った
時間で鳴き止んだのか湿度で鳴き止んだのか
湖面の月見に集中したのか 理由はわからない
ドビュッシーの季節が始まる

スーパーコンピュータを以ても天気予報は当たらず
真逆予報を放つ複数のサイトを見ながら最後は自己判断
昔も今も何も変わらない
ただお天気さんの存在価値が増していることは確か
いつの世も暦の信頼性には勝てないのかもしれない

盆休みが始まり東へ西へ移動する輩もいれば 海外に外遊する富裕層たち
年に一度先祖に手を合わせることなく浮遊するからあの世から迎えに来る
これよきこと

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【ドビュッシーの季節】 はコメントを受け付けていません

【第2次ボン岸田内閣】

計画経済を中心とした統一疑似民主主義国家が明確になった今
内閣改造をしたところで見慣れた顔ぶれにどれだけの信者が期待するのだろう
かたくなに金庫を離さない麻生/鈴木
日銀の55%の株を握る財務大臣の座をやすやす他人に渡すはずはない
黒田総裁と共にこの国を破綻させた諸悪の根源がここにある
統一を完全に排除できないこの顔ぶれに何が期待できるというのか
中でも傑作は読上げ松野
何処へ行っても何を質問しても原稿を読み上げる松野
一層のことロボット化してみてはどうか
旧経済衰退担当大臣の西村が正式に経済産業相になって
より一層経済衰退にまい進させる気なのだろうが
計画経済をちらつかせたあの発言を忘れてはならない
統計不正の斎藤鉄夫国土交通相もやってる感だけで何もしないのだろうが
人材不足 突っ込みどころ満載のこの人事
韓国であれば支持率急落は間違いない
・新型コロナ
・物価高
・ウクライナ侵攻
の大義を挙げて内閣改造に踏み切ったボン岸田
少なくとも急激に感染拡大が進む中
やってる感だけの後藤茂之からすればやり玉にあげられずに進み胸をなでおろしていることだろう

さて第二次ボン岸田内閣は何もしないのかできないのかが徐々にわかる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【第2次ボン岸田内閣】 はコメントを受け付けていません

【至極まともなことを言う者はいないのか】

黒い猫だろうが白い猫だろうが票をくれる猫が好き
東西冷戦下の1968年
反共産主義政治団体「国際勝共連合」を岸信介元首相の協力のもと日本に設立した統一教会
代々岸家/安倍家が教団の票を割り振り
結果自民党最大派閥となれば
これが自民党の組織票(柵)の一つであることは間違いない
そんな男を国葬にするとなれば
国内は内閣改造程度で乗り切れたにせよ 海外はこの国の品格失墜にもかかわる
下村博文を追及したところで下村への指示はアベであることは明白
死人に口なし 決して真実は言えまい

案の定この国が戦後77年にわたり「民主主義ごっこ」であったことを国民に問へば
本来であれば長年の不正選挙を正して関係議員総辞職 自民党解党
組織票なきN国やれいわはおろか有権者からしても選挙のやり直しは当然のこと
至極まともなことを言う者はいないのか

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【至極まともなことを言う者はいないのか】 はコメントを受け付けていません

【愚者にこそ歴史を繰り返し諭す必要がある】

プーチン戦争で核抑止力に進む世界
「本当の強さとは、違いを認め相手を受け入れること。思いやりの心を持ち相手を理解しようとすることです」と子供に諭されようが
煩悩に取りつかれたプーチンや習にどんな言葉も通じはしない
すべての交渉事は相手の身になることから始まる
無論国政(内政・外政)もおなじこと
様々な声を聞いて決断に至った経緯と共に説明すべきもの
しかし煩悩に取りつかれた言葉の通じない輩たちには翻訳機もなく
ならば行動で意志表明するしかない

プーチンや習に広島に来い!といったところで妄信している者に言葉は通じない
となれば誰かが広島、長崎を身を以て体験させ妄信を解くしかない
決断が遅れると全世界が破滅へとつながる
核抑止は核をもって終結させるしかない
相手の身になることができない愚者にこそ歴史を繰り返し諭す必要がある
さもなければドローンかアベを狙ったスナイパーだろう

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【愚者にこそ歴史を繰り返し諭す必要がある】 はコメントを受け付けていません

【洗脳されたおバカな有権者たちと沈み逝くことになる】

1日感染者数世界No.1に達し 死亡者数も20人/日を上回った
東北を襲う大雨は東北自動車道にも及び東日本のインフラを襲った
それでも自助努力 何もしない政府
ボン岸田は旧統一教会をもみ消そうと内閣改造を前倒し

面白くなってきた
目標はお盆過ぎの感染者数30万人達成
さらに豪雨被災県からの政府避難が加われば
無策ボン岸田政権の支持率低下
与党内からも無策岸田への政権批判がでれば解散選挙
またもや与野党ひっくるめ「黒い猫だろうが白い猫だろうが票をくれる猫が好き」
と政治信条も何もない今だけカネだけ自分だけなる政治屋たちが増殖

こんなおバカな行為を繰り返している間に世界情勢急変
日本のおバカぶりを見て近隣諸国がささやき始めることになる
それでも無策政府は米国任せとなれば
やがて米国も「いつまでも少年ぶってるな!」と突き放す日も来るのかもしれない

洗脳されたおバカな有権者たちと沈み逝くことになる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【洗脳されたおバカな有権者たちと沈み逝くことになる】 はコメントを受け付けていません

【やってる感だけの野党となれば】

論点は3つ
①政治と宗教(政教分離)
②統一教会と自民党
③統一教会と被害信者
この論点の②旧統一教会の名称変更から調査に乗り出す野党
下村を追及したところで答えは出ない
この問題を追及するのであれば当時の政権 アベ政権だろうが
下村はアベからの指示に沿っただけのこと
まさか時間だけかけておきながら死人に口無しで終わる? としたら野党もグル(仲間)
追及すべきは「100万しかもらっていない」発言の細田
「統一教会と清話会 旧細田派(現安倍派)」だろう
そこに自民党最大派閥になった理由がある
下村は清話会のメンバーにすぎず実行犯にすぎない
グル(指導者)を捕まえてこそ真の解明につながる
本命は「政治と宗教」であることを忘れてはならない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【やってる感だけの野党となれば】 はコメントを受け付けていません

【どいつもこいつもBon、Bon、Bon】

東北/北陸の大雨災害に対し緊急対策本部も設置しないボン岸田政権
この男のボンぶりが露呈し始める
政府・与党の頭中は旧統一教会で精いっぱい
感染対策も被災対策もすべて自助努力で乗り切ろ!ということ
どの口が「国民の命と暮らしを守る」などといったのか
選挙が過ぎればこのざまだ

こんな無能な政権の支持率が50%以上というからあきれてしまう
原発族に配慮して原発再稼働と逆戻り
章男に投資した水素の2兆円はどうなった
サウジアラビアでは再生エネルギー(太陽光/風力)の価格が
史上最低の1.4円/kwを更新

プーチン戦争でEUは再生エネルギーに加速
日本はまたもや置いてきぼりを食うのだろう
先を見据えることなく佇んでは後戻り
どいつもこいつもBon、Bon、Bon

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【どいつもこいつもBon、Bon、Bon】 はコメントを受け付けていません

【オカルト偽民主主義国】

山上氏のおかげで明るみに出た「政治と宗教」
死んでも疑惑が出てくるアベの葬儀を国葬にするなどと
この国は何処までめでたいのか
しかもただの宗教でなく信者を苦しめるオカルト宗教
調査権がありながら得意の個人任せで何もしない自民党
墓穴を掘ると説明責任に留める公明党

オカルト宗教で組織票を得て半世紀以上にわたり民主主義ごっこをしていたことが分かった今
自力で政党を作ったれいわやN党からあれば
退場要請をするのは当然のこと

論点は3つ
①政治と宗教(政教分離)
②旧統一教会と自民党
③旧統一教会と被害信者
わずか三日ほどの臨時国会で答えが出せるはずはなく
得意の論点をはぐらかしで終えてしまってはならない
この対応で各党の本音が見える

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【オカルト偽民主主義国】 はコメントを受け付けていません

【ボン無策政権】

「国民の生命を守る」どころか放任のボン岸政権は
「無策」の批判による支持率低下を気にして干していた尾身を利用
スカ政権では保護者を務めて上機嫌だった尾身が出番欲しさに国に屈したのか
感染者全数把握中止を提言
その理由が医療逼迫の深刻さを抑えるといったあやふやな言い訳
数を数えることが医療現場を逼迫するとでも言いたげな理由
その一方で感染拡大を招かない一人一人の主体的行動をしろという
感染者全数提示を中止しておきながら国民は感染拡大の判断を何を指標にしろというのか
理科研究や実験でコツコツとデータを集めておきながら
面倒だからやめよう!などと言ったら今までのデータは何の意味もなさなくなる
政府は「現場が言ったから・・・」で受け入れる演技をすればよいだけのこと

「GDPの数値が改善しないとアベノミクスの成果が出ないから」と
試験研究費もGDP計算に組み込んだアベ政権を彷彿させる
統計放棄は国民は騙せても国際的に国の信用失墜を招く
この国の有(無)識者は今やすべて政商有識者
指標をなくしておきながら主体的行動
それってスカの言った「自助」
ボン岸田はアベとスカの小細工をも継承した
やってる感だけの「ボン無策政権」

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【ボン無策政権】 はコメントを受け付けていません