【政治屋のしごと vs 政治家のしごと】

QUADが終わり政治的ルールを決めれば
次にすべきは国としての具体的経済制御なのだが
経団連の今だけカネだけ自分だけの輩たちとの連携がうまく行かない実態があるのだが
国を見れば違憲と知りながら国会も開かず
いつまでもおバカな候補者たちがその場限りの絵空事を繰り返す始末
如何なる変異株であろうが対策はマスクとワクチン
(無)専門家は変異株の特徴の説明もできず政治屋同様をワクチン接種を勧めるだけ
感染者が少ない今だからこそゲノム解析をして新たなる変異株に注視すること
如何なる変異株に対して抗体を持っているのか今後の為に抗体検査機を準備すること
など素人でも考えつきそうなもの
この国は既得権益にあぐらをかいている内に中身が空っぽになってしまった
結果 統治ができない=法がないなどとほざく 統治ができない無能な政治屋が増えた
他国とグループ化してルールを作ったら積極的にやってみせることにこそ信頼が生まれる
それが軍縮にもつながる訳で 何度も云うように
政治家の仕事は軍拡でなく軍縮をすることである
人口に合わせて経済に合わせた国家予算を組むことである
自分が自由に使える増税をして税収を増やし選挙の為に愚策に浪費を繰り返すことでもない
国家予算を増やして国を回すことなど誰にでもできる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【政治屋のしごと vs 政治家のしごと】 はコメントを受け付けていません

【地産地消】

キノコとハチの子を頂き皆で昼食会
政治屋の言う「儲かる農業」など経験もしたことのないおバカたちの絵空事
余った夏野菜を冷凍と乾燥処理 まさに地産地消 レシピも増えた
今年は鹿肉によるジャーキーやカレー・パーティーも数回出来た
これもみな社族のおかげ 感謝感謝

何かにつけ経済に結びつけたがる政治屋たちの頭に持続型経済などあるはずがなく
こんなおバカな党は解凍ならぬ解党だろうが
この夏は以外にもペレットも売れた
キャンプ用ストーブにも電気を用いないペレットストーブが登場したらしい
調べればUNIFLAMEやLixadaなど非常時に実用的なストーブが目立つ
30年ほど前はよくキャンプに行っては非常時の訓練をしていたが
今や訓練も兼ねて庭先や会社でキャンプをすべきかもしれない
ソーラーで非常電源も確保 井戸も掘った
備えあれば患いなし ここまで予想通りになるとは・・・

米国の月面基地計画に野菜栽培があるものの
1%の富裕層たちは人類寿命を何年に想定しているのだろう
残り29年 移住計画がどこまで進もうが
野菜や人口肉ができたにせよ穀物はどうするのか
そもそも富裕層だけが月へ行ったところで実行部隊がいなければ何もできまい
月ではデジタル通貨も肩書も何の意味もなさない
そもそも使える処がないのだから・・・・

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【地産地消】 はコメントを受け付けていません

【経済 vs 外交】

かつて日本も銃(軍)が政治の上に立ち大きな過ちを侵した
にもかかわらず未だミャンマーやアフガンでは同じ過ちを繰り返し
世界中が己の政策の失敗を 武力を以って補完しようとしている
経済 vs 外交 のパワーバランスがとれない国は大国の指示待ち状態
TPPの議長国でもある日本が アメリカがいないだけで中国と台湾の申請をめぐり苦境に立っているという
何が苦境なのか?
アベにできなかった中国批判を スカは就任1カ月もかけずして終えた
最後の米遊も独りで参加 力強く初心貫徹した
ならばそれに伴いTPPも粛々と決議すればいいだけのこと
経済>外交 から 経済<外交 にこそ真の経済が宿ることに気付かない
持続型経済とはカネにより作られるものでなく
人々の生活による需要と供給から自然に生まれるもの
作られた経済など何時まで経っても成長はしない
平成からによる自民党の愚策から学ばないJAPS

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【経済 vs 外交】 はコメントを受け付けていません

【愉快な世の中になったもの】

HONDA、Panasonicと早期退職が進む
人材の新陳代謝を促し組織の活性化につなげる狙いがあるというが
何故に知識、経験豊富な人材を整理するのか
そこに企業の人材の教育姿勢が見える
教育が失敗したからこそ人員整理をするのだろうが
失敗をしなければ戦力となっているはず
経験豊富な人材をチョイスして成果につなげる中国企業

竹中平蔵が作った非正規雇用の負の遺産が日本を蝕む
半導体しかり、自動車しかり
これからの日本の大企業は 大谷翔平のようなマルチプレーヤーが必須となる
でも一部零細企業ではみなしていることなのだが・・・
愉快な世の中になったもの

モノづくりから金融に代わってカネを稼ぐようになったアメリカも
モノづくりをおろそかにすれば必ずしっぺ返しにあう
ソフトからハードへ回帰しては最後にハードに屈する

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【愉快な世の中になったもの】 はコメントを受け付けていません

【今はこのままボーッと】

風がコスモスを誘えば コスモスは人を誘う
申し合わせたように蝉もどこかへ逝ってしまった
秋の虫たちもどこか控えめ

時の流れが風と共に目の前を通り過ぎて行く この心地よさ
遅れをとろうが今はこのままボーッと

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【今はこのままボーッと】 はコメントを受け付けていません

【中国 仮想通貨全面禁止】

想定通りデジタル通貨を巡り 民間 vs 国(中共) が始まった
韓国も特金法(特定金融情報法)により60を超える業者を4社にまで絞込んだ
為替解法を目的とした民間に対し
個人財産の管理を目的とした国
さて便利につられるおバカな民たちはどちらを選ぶか
一方SBIにより地銀が一掃されれば巨大民間デジタル銀行ができるのは時間の問題
昔予想したとおりに各国には中央銀行とSBIなどの資産家銀行のみが残ることになる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【中国 仮想通貨全面禁止】 はコメントを受け付けていません

【2021年 秋分】

湿度の少ない虫の音もしない秋らしい一日だった
墓参りに行くも誰とも会わず
国はダラダラと自民党の総裁選と緊急事態宣言の解除に花が咲いている
今ここですべきはゲノム解析による窓際対策なのだが
専門家も(無)有識者も何故に終息をしたのか説明がつかず
こんな時に限って「コロナに打ち勝った」だの「ワクチンの効果」などとわめきだす馬鹿が増える
何の変異株の抗体を持っているか持っていないか
これからは抗体検査が重要となる

政治も深夜便も「子供 こども」と叫ぶけれど
そんな温室の中で育った子供たちはどんな大人に育つのだろう
予想すると背筋が寒くなる

台湾がTPP加盟申請 これよきこと
ロビー活動で一帯一路を進める中国にTPP加盟国は如何なる結論を出すか
武器なくして「はないちもんめ」の経済ゲームはいと楽し
戦勝国クラブ(国連)では武器による統治国家をメンバーに加えるらしい
メンバーの中に人権および基本的自由の尊重を持たぬ国が出来た時点で排除すべきものを
このクラブに国際問題を解決する能力が無くなれなれば
敗戦国である日本やドイツがこれ以上運営費を負担する意味はない
アフリカにワクチンが行き届かないのがSDGsの一環であるとすれば
感染さんは新たなる変異株をアフリカから世界へまき散らすことだろう

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【2021年 秋分】 はコメントを受け付けていません

【コウモリ政党】

選挙を控え得意の10万円の公明党
お年寄りで失敗すれば今度はこどもにカネを配れば票が伸びる
こんなおバカな党が今日の社会を作ったこともまた忘れてはならない
カネのバラマキをしたところで検証をする訳でもなく
その財源が血税であることを知ってのことか?
ならば確定申告に応じて現金支給をすればよく 
消費税廃止となれば財源も必要ないどころか結果税収が増える可能性もある

何故に生活困窮者ができたのか
何が原因か分析を行ったうえで政策を練る
それがカネと分配と法を作る政党の仕事だろうが
今だけカネだけ自分だけの保身のみでカネを配るだけであれば馬鹿にでもできる
公約とあれば信者からのお布施を頼りに政党助成金廃止を掲げてみるくらいのことをしろ
池田大作教祖の出版物を読んでも相変わらずのピントボケ
大川隆法の方がまともなことを書いてあるだろうが
いい加減コウモリ政党は退場すべき
それこそが国民のためになる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【コウモリ政党】 はコメントを受け付けていません

【習得は使用することから始まる】

金融庁がみずほに業務改善命令を出したところでたかが命令などでできないものはできず
命令で改善していればとっくに改善している
名ばかりの「直接管理」でなく「直接業務」をしてみるこことだ
役人は口ばかりで自ら体験しようとしないが故に原因を見つけることができない
=対策が打てない
官僚も 政治屋も 組長も 社長も
自らやって見せること それが出来なければ体験すること
さもなければ正しい判断も指示もできるはずがない
勉強における習得は使用してみることからはじまる
攻撃は最大の防御なり
まずは人命に関係ないサイバー攻撃をしてみることだ

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【習得は使用することから始まる】 はコメントを受け付けていません

【カネで軍縮】

カネ余りとはいえ中国の不動産に投資するとは・・・
世相なき投資家たちは中国の株式市場は安泰とでも思っているのか
真の経済制裁のフィールドは株式市場にある
目に見えぬデジタル通貨戦争になってからでは遅い
一般民の命を守る(=戦争をしないこと)が政治の仕事である
ならばカネの動きで軍縮が出来るはず

サンダーバードを知っているのか
将軍さまの巡航ミサイルは列車から発射
楕円および八の字形の軌道となればもはやPAC3やイージス・アショアでは打ち落とすことはできず
いっそう北朝鮮から新型弾道ミサイルを購入してみてはどうか
カネで軍縮

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【カネで軍縮】 はコメントを受け付けていません