【能無しの考えることほどわからないものはない】

無能なし鈴木俊一をあざ笑うかのように円安が進む
「今の動きをしっかりと注視している。必要に応じて万全の対応をしたい」
なる発言からしてまだ必要と感じていないことになる
3年連続の貿易赤字からみても円の価値は低く
日米韓3か国の財務相が集まり
「我々は、最近の急速な円安やウォン安についての日韓両国の深刻な懸念を認識し、外国為替市場の動向について、引き続き、緊密に協議していく」などと
寝ぼけた共同声明を出したところで
鈴木俊一の言う「画期的なこと」などでも何でもなく
米国一強に従う無能鈴木に韓国を従えただけのこと
市場介入などしたところでカネの浪費
すべきは利上げと減税により米国との金利格差を縮めることなのだが・・・
能無しの考えることほどわからないものはない
ただ歳をとっただけの人

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【能無しの考えることほどわからないものはない】 はコメントを受け付けていません

【KAIZEN】

後手後手のバイデン
ネタニアフに今頃になって最後通告を出したところで意味はなく
そんな中イランがイスラエルに報復攻撃を始めた
同盟関係でもないイスラエルを米国が支援し始めれば まさに思う壺
帝国主義 vs 民主主義による最終戦争(第3次世界大戦)が始まる
このシナリオは誰が書いているのか その目的は何か
人道主義は転生することができるのか
だとすれば誰がどのように転生するのか
金星人のなかに適任者はいるのか

すべてのモノを証券化して
カネのみの尺度で物事を評価する世界
「カイゼン」の生みの親である日本人が自ら「カイゼン」を捨て
国(産官学)を挙げてDXに走る愚かさ
挙句の果ては米国から「KAIZEN」を教示してもらう始末

「KAIZEN」を続けることにこそ解法がある
問題の糸口があることを忘れてはならない
「カネ」なる指標から「未来」に変えることができなければ
残り26年は大幅に短縮されることになるだろう

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【KAIZEN】 はコメントを受け付けていません

【最後のモーニング】

最後のモーニング
行きつけのファミレスが店舗改装
しゃぶしゃぶ店に変わるという
最後とあって老若男女が店舗改装を惜しみながら朝食をとる
それにしても中国人同様 女性の話し声は大きい
耳が遠いせいでもあるまい
BGMもかき消され聴きたくない会話も耳に入れば
自ずと生活レベルを想像してしまう

事情を知らないロボットが元気よく店内を行き交う
このまったりとした時間をこの地理的条件と雰囲気で過ごせることが憩いとなり
週一度のルーティンだった
こと地理的条件、ロケーションの占めるウェイトは大きい
無論価格のウェイトも大きいことはいうまでもない

さてこの心地よいひと時を求め探し始めなくてはならない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【最後のモーニング】 はコメントを受け付けていません

【米国主義の売国奴たち】

根拠なき愚策「子育て増税」に眼をそらす一方で
憲法改正に前のめりな憲法審査会
何度も言うように罪人、売国奴多き自民党は解党させるしかなく
鈴木俊一の無能さを見透かして投機筋が円売りを仕掛けるも何もできず
153円/ドルが生活を苦しめていることが理解できない
「お答えするのは難しい」なる歳を取っただけのバカ狸爺
自称学者の植田和男が金利を上げるとともに消費税を減税してGDPを上げればよいだけのこと

それにしても「子育て増税」に対し何も言わぬ愚民をみれば
もはやこの国は終わっている
ヤングケアラーや片親の貧困層、障害者家庭を助けるのであればまだしも
何故に健常者の子育ての支援をしなくてはならないのか
現行社会保険から引かれている「児童手当」の検証を何故にしないのか
出生率の指標をみれば効果がないのは明らかなこと
少子化の根本は政策(経済的理由)が主因であり
経済的主因に愚策(増税)であることを何故にマスコミは公言しない
分析をして原因を追及しない限り何も解決できない

憲法改正も同じこと
ボンクラ岸田が渡米するたびに軍事ビジネスに前のめり
国内では何かと9条(自衛隊の軍隊化)のみ注視しがちであるが 
問題は象徴天皇を元首に戻すこと(王政復古主義)による軍事産業への参画とともに
国民統治(財産・行動)に他ならない
そしてもっとも危険なのはこれらを決める国民投票制度
この投票制度も通常の選挙同様に最低投票率が設けられていないこと
国民の人口の2割が投票をしたところで、2割の過半数(人口の1割超)が賛成すれば成立してしまうこととなる
もはや軍事産業に片足を入れた今
公明や維新といったバカな与野党の輩たちがバカなルールを決め国民を苦しめる
そんなバカたち自らが戦地に行くことはなく
そんなバカたちのために罪なき国民が傭兵とり命を掛ける
逃げ出さないためにDXの名のもとマイナンバーに財産を紐づけにする

こうしてみれば
傭兵を製造するために国民から税金を徴収
無理と貧困を作っては傭兵生産
そのためのルール改正
全ては「今だけカネだけ自分だけ」なる官僚・政治屋のため
米国主義の売国奴たち

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【米国主義の売国奴たち】 はコメントを受け付けていません

【検証なき罰則に基準などあるはずがない】

裏金問題をめぐり「党の役職停止1年」の処分が下された萩生田光一
「処分が軽すぎる」などと批判が殺到しているも
今自民が解散・選挙に出たところで勝ち目はなく
となれば頼みの綱は統一教会へのパイプ役でもある萩生田
お飾りだけの座長であった塩谷立からすれば「何故に自分だけ」は当然のこと
西村康稔の間違えだろう!とは誰もの見方
党本部からすれば塩谷<西村から塩谷を捨て駒に使った
問題はこんな低レベルな話でなく
裏金の根源
18年以降の5年間に限定せず、過去にさかのぼって調査することが必要になる

18年以降 麻生派では派閥から所属議員への寄付が毎年収支報告書に記載されるようになったが 17年以前はそのような記載がないことを見れば
「17年以前に麻生派で裏金づくりが行われていた疑念がわく」のは当然のこと
老害森喜朗に電話で打診したところで白状などするはずはなく
罪人が罪人を取り調べること自体がめちゃくちゃな話
解党をしたくないのであれば自民党全ての議員に対して税務調査を行うしかない

罰則はそれから
検証なき罰則に基準などあるはずがない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【検証なき罰則に基準などあるはずがない】 はコメントを受け付けていません

【帝国 vs 民主国家の最終戦争に向けて】

プーチンによるウクライナ侵攻に学んだのか
欧米の愚かさを覚ったのか
イスラエル(ネタニアフ)しかりトルコ(エルドアン)しかりミャンマーしかりインド(モディ)しかり
世界各地で軍事力による国の統治が進む
この流れを地政学的に見た時そこに何らかの相関関係がないものか
ここ数年の課題の解法が見え始めた

封建制度と遊牧民なる視点から見た時
遊牧民の影響が大きい国々に限って未だ領土問題で戦争を続けていると言えないか
これは「帝国対民主国家の最終戦争が始まる」(三橋貴明著)も触れられている
2018年の三橋氏のこの名著は2024年の今を見事に当てた
残念ながら同書に解決策は記されてはいないが
日本人が理解をするには名著であることは間違いない

「今だけカネだけ自分だけ」なる金星人からの覚醒をするには
金星人指導者をDELETEするしかないことに気付く必要がある
その核となる理念は「人道主義」
国連(戦勝国クラブ)に替わる新たなる群れをなすことだ

バイデンの実績PRに渡米するボンクラ岸田
人道主義を以てネタニアフへの圧力を掛けていれば
ボンクラ岸田ごときに応援を頼む必要もなく
ロシア制裁に向けて世界最大の油田生産国の米国が原油を輸出していれば
グローバルサウスの米国への見方も変わっていたはず

帝国 vs 民主国家 などでなく
帝国 vs 人道国家 で群れを創ろう!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【帝国 vs 民主国家の最終戦争に向けて】 はコメントを受け付けていません

【罪人が罪人を処罰?】

罪人が罪人を処罰する
明日は我が身と思うが故についつい甘くなるのは世の常
それにしても郵政民営化に反対した議員の離党処分に比べれば
今回の処分は処分にも値しない
その上党利党略にあぐらをかき続ける老害たちは無傷となれば
文句も出るのは避けられず
謝謝茂木敏允の決めた500万の足きりも何の根拠もなく
少額であれば問題ないと理解することもできる
これが得意の「トカゲのしっぽキリ党」のやる根拠なき「やってる感」

郵政民営化反対は党利党略に反した初めての政策論争であったにもかかわらず離党処分
今回の裏金問題は政治を取り扱う者の資質が問われるもの
となれば離党処分でなく公民権停止は当たり前のこと
政治に近づけてはならない

与野党ともに腰抜け政治屋たちは始めて国民目線を見るようになった今
処分を決めるべきは国民
ここはしっかりと声を上げなくてはならない

罪人多き政党を解党しない限り この国は同じ過ちを繰り返しては時間を浪費し続ける
ここは犯罪与党が統一教会を道連れに解党すること!
野党は与党当番制に向けた真の政治改革を進めること!

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【罪人が罪人を処罰?】 はコメントを受け付けていません

【老害政治屋-3】

原因追及なくして名ばかりの処罰
老害二階も介助がついてのバカ野郎会見
反省のカケラも見られない
金額や関係の大小にかかわらず
・裏金議員95人の公民権停止
・補欠選自民党候補者選出禁止
この二つのレッドカードだけで処罰はできる
無論自民党は下野する
野党のすべきは新内閣準備とカネのかからぬ政治改革(選挙の廃止)だろう

この答えにたどり着かないままこの国は終えるのか
米国に骨抜きにされながらも
気が付けば米国から日本式経営を享受される始末

それにも懲りず老害麻生太郎がほぼトラを信じ渡米
森喜朗しかり二階俊博しかり
ゴジラのごとく老害政治屋が国を壊す

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【老害政治屋-3】 はコメントを受け付けていません

【回転寿司にて】

28日からウグイスも練習をはじめ
日中の最高気温も適温となり 過ごしやすくなった
鳥たちの会話を聴いては春のたよりを感じる
会話に参加することが出来たらどんなに面白いだろう

国民から子育て支援に月額最大950円の税金を徴収する一方で
回転寿司はファミリー連れで満杯
これがボンクラ岸田の云う「次元の異なる少子化対策」なのか

オートメーション化された店内はまさに餌配給所
餌配給所で育った子供たちが
やがて配給所でない寿司屋に行ってハンバーグの握りを注文したところで
「他へ行ってくれ!」と言われる光景が目に浮かぶ

何故に子供を作ろうとしないか
その原因が政治にあることがわからない政治屋たちが
カネをばらまいたところで人口が増えるわけがなく
浪費以外のなにものでもない

鳥たちが何故に絶滅しないか
何故にシカやイノシシが増え続けるか
輩たちには下らぬルールもおバカな指導者もない
連絡を取り合って共存して生きている
豚や牛と異なり人間に統治されていないが故餌の配給所もない
人間とかかわると生きて逝けないことを知っている

故に人間が人間を統治して殺しあう戦争もない
カネに振り回され必要以上にカネをかき集める者もいない

やがて餓鬼どもが調理を忘れ 
餌配給工場に長蛇の列を作り配給順番めぐり争う日が来ることが目に浮かぶ

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【回転寿司にて】 はコメントを受け付けていません

【心房細動】

アホノミクスの愚策 黒田東彦による為替操作
自称学者の植田和男がようやく黒田呪縛を解くも
無能鈴木俊一は見てるだけ
市場はこのおバカな二人を覚り円安進行
・何のためのマイナス金利撤廃なのか
・適正レートはいくらだと思っているのか
・大企業を見ているのか国民を見ているのか
この二人の愚者が理解できない限り「金利の正常化」など程遠く
・金利を上げるとともに大幅な減税
・法人税を上げるとともに富裕層にも増税を施した
二人の大好きな米国に何故に学ばない

日銀と政府が一心同体で動いていることに世界から非難を浴びながらも
戦略なき愚策と共に思考停止となれば
失われた34年(=大企業過保護34年)は失われた40年に向けまい進するだろう

賃金を上げればさらなる法人税減税
法人税減税で海外企業を招き入れる愚策は失敗
故の内部留保555兆円超
法人税を元に戻せばよいだけなのだが
それでは裏金の財源が入ってこない
故に賃金上げたらさらなる法人税減税
給与明細の総額を上げたところで 所得税と社会保険料を上げれば元の木阿弥
だからして「来年度も物価を超える賃上げ!」などとボンクラ岸田が意気込む

「政治とカネ」の問題は政治屋を正したところで大企業を正さなければ何の意味もない

モノが安いことはよいこと
問題は循環器
血流をよくするには
・血管を広げる
・血液をサラサラにする
・血圧を下げ心拍を安定させること

目的がわからなければ対策も打てず見てるだけ
そんな馬鹿を見ては敏感な国民は心房細動となる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【心房細動】 はコメントを受け付けていません