【先手こそが生きる術】

5月は雨で始めった
草木の芽吹き愛らしくも
ここで油断すると一気に調子づく
心を鬼にして刈り倒さなくてはならない
また草木との戦いが始まる

年々動植物は確実に減っている
無論その中には人間も含まれているわけで
病気で逝くもの 事故で逝くもの 
事件で逝くもの 戦争で逝くもの 人さまざま
自然減以上に減って逝くことも確かなこと

そんな中 昔よりも天気(気候)が生活に仕事に深く関わっていることに気づく
天災さんを身近に感じる時代がやってきた
全ては太陽が起因しているのだが 未だ議論されることなく
目先に視線を落としては日々浪費する
そんな人類の終わりに気づき始める日もそう遠くはない

萬物が気力あふれる月
でもそのためには天災さんを知り先手を打つこと
先手こそが生きる術

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【先手こそが生きる術】 はコメントを受け付けていません

【今すべきこと】

日銀の無能さが判明して一気に160円/ドルを突破
政府は2度目の市場介入で5兆円を浪費
神田真人が「強制介入時に輸入をすればいい」などとおバカな発言
今に及んで経団連や同友会が批判をしたところで後の祭り
インバウンドで観光立国化したところで
ゼロゼロ融資の返済とインボイスの納税に追われ
気がつけば円弱国家の出来上がり
これすべてアホノミクスの副作用

規制緩和をしては自由競争化させ労働化を進めたかと思へば
「働かない改革」をルール化して「2024問題化」
そこへ賃上げ調味料をふりかけて篩にかける

国民が犯罪与党自民党の国策(愚策)が起因して今日があることに気づく日はいつのことか
立憲民主が3勝をしたものの
この票は立憲民主の票でなく反自民の票であることを忘れてはならない
与党になるには裏金問題対策でなく しっかりと原因追及をして 真の対策を打つこと
その上で裏金問題関係者に対し一人残さずレッドカード(公民権停止)を出すこと

それと同時に与党当番制/官僚二分化を進める
まず与党は官僚に飼いならされたふりをすることで国を回すこと
自民同様原稿を読上げる
第2ステップとして与党当番制度を打ち出すと共に二官僚組織化を打ち出し
国民投票で真意を得ればよいだけのこと

必要なき(実績なき)予算を立てた省庁担当者を退場させること

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【今すべきこと】 はコメントを受け付けていません

【MovingEyeのすすめ】

アホノミクスの1本の矢を放った黒田東彦が瑞宝大綬章の受章を受けるとい
この男の後始末をしようと自称学者の植田和男を黒田の眼にはどう映っているのだろう
それにしても推薦があれば何でもかんでも勲章を与えるというこの制度も
そろそろ止める時期が来ているのだと思う

人口減少を問題化した増田寛也も日本郵政グループでその無能さが露呈
民営化してから郵便は届かず切手代や宅配料金は値上がり
サービスは低下の一途
東大法学部を出ようが経営能力ゼロのただのお騒がせ男に変わりない

国鉄しかり日本郵便しかり
米国の言いなりに巨大事業を民営化
骨抜きにされた日本において
今こそ歴代自民の愚策を検証する時期なのだが

目先の生活に追われMovingEyeしている余裕もなかった
でもさすがに今回の裏金問題には反応
問題は自民党を存続させておくことの危うさ
ここに野党の愚かさがある

官僚制の二極化による政策論争
官僚・公僕に失業の危機感を持たせることにより
国民主体の政策へと軌道修正させること
これができれば与党持ち回り制により数による民主主義の排除
民主主義の正常化にもつながる
下らぬルールによる諸問題化も無くなる

そのためにも国民一人ひとりが常にMovingEyeすること
愚策の検証をおこなうこと

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【MovingEyeのすすめ】 はコメントを受け付けていません

【155円/ドル台に無能日本の行方】

2度目の1ドル155円台に株価下落を恐れる無能な政府、日銀
スタグフレーション下で為替介入+利上げで円安が是正されるわけでもなく
為替介入など短期的なもの 米国の嫌がることをあえてする必要もない
何度も言うように 政府の政策は消費減税が正しい
消費減税をすれば米国も何も言えない
米国により作られた株価が下落したところで大勢に影響はない

そして昨今の日本のスタグフレーションの要因は
黒田東彦の黒田バズーガと安倍晋三の働かない改革と観光立国が起因していることを
国民は熟知しなくてはならない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【155円/ドル台に無能日本の行方】 はコメントを受け付けていません

【非可視光】


非可視光とは可視広域(400~700nm)以外の紫外域と赤外域を意味する
今日からのOPIE2024(レンズ設計・製造展)におけるキャッチ・コピー
可視光にはない紫外線、赤外線の性格を利用した提案
そして【SmartLED】にUV域を加えた【自在光】
撮像素子の発展と共に【非可視光】分野が発展する

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【非可視光】 はコメントを受け付けていません

【愚者に武器】

中東のクソ餓鬼兄弟の喧嘩が始まった
お姉ちゃんが先に手を出したから 私も一回お返しね!
もうしちゃだめよ!
妹の分際で何を言ってるの!

親が止めなくてはだれも止められないものの
気がつけば老いた親に死に体と化し
いや正確にはイタリアを議長国とした英国、フランス、日本の「サンレモ会議」
そして今欧米連合 vs 非欧米連合 に分かれ
この二人の喧嘩を助長しているから始末に負えない
第三次世界大戦は世界最終戦争と化すことを誰も予想できないでいる

各地でカネを集めては武器と弾薬を蓄える始末
プライドだけが高い能無しの権力者たちが虐殺を繰り返し
26年を待たずして人類を破滅へと導く
武力が人類を破滅へと導くも戦いを繰り返す愚者(金星人)たち

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【愚者に武器】 はコメントを受け付けていません

【能無しの考えることほどわからないものはない】

無能なし鈴木俊一をあざ笑うかのように円安が進む
「今の動きをしっかりと注視している。必要に応じて万全の対応をしたい」
なる発言からしてまだ必要と感じていないことになる
3年連続の貿易赤字からみても円の価値は低く
日米韓3か国の財務相が集まり
「我々は、最近の急速な円安やウォン安についての日韓両国の深刻な懸念を認識し、外国為替市場の動向について、引き続き、緊密に協議していく」などと
寝ぼけた共同声明を出したところで
鈴木俊一の言う「画期的なこと」などでも何でもなく
米国一強に従う無能鈴木に韓国を従えただけのこと
市場介入などしたところでカネの浪費
すべきは利上げと減税により米国との金利格差を縮めることなのだが・・・
能無しの考えることほどわからないものはない
ただ歳をとっただけの人

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【能無しの考えることほどわからないものはない】 はコメントを受け付けていません

【KAIZEN】

後手後手のバイデン
ネタニアフに今頃になって最後通告を出したところで意味はなく
そんな中イランがイスラエルに報復攻撃を始めた
同盟関係でもないイスラエルを米国が支援し始めれば まさに思う壺
帝国主義 vs 民主主義による最終戦争(第3次世界大戦)が始まる
このシナリオは誰が書いているのか その目的は何か
人道主義は転生することができるのか
だとすれば誰がどのように転生するのか
金星人のなかに適任者はいるのか

すべてのモノを証券化して
カネのみの尺度で物事を評価する世界
「カイゼン」の生みの親である日本人が自ら「カイゼン」を捨て
国(産官学)を挙げてDXに走る愚かさ
挙句の果ては米国から「KAIZEN」を教示してもらう始末

「KAIZEN」を続けることにこそ解法がある
問題の糸口があることを忘れてはならない
「カネ」なる指標から「未来」に変えることができなければ
残り26年は大幅に短縮されることになるだろう

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【KAIZEN】 はコメントを受け付けていません

【最後のモーニング】

最後のモーニング
行きつけのファミレスが店舗改装
しゃぶしゃぶ店に変わるという
最後とあって老若男女が店舗改装を惜しみながら朝食をとる
それにしても中国人同様 女性の話し声は大きい
耳が遠いせいでもあるまい
BGMもかき消され聴きたくない会話も耳に入れば
自ずと生活レベルを想像してしまう

事情を知らないロボットが元気よく店内を行き交う
このまったりとした時間をこの地理的条件と雰囲気で過ごせることが憩いとなり
週一度のルーティンだった
こと地理的条件、ロケーションの占めるウェイトは大きい
無論価格のウェイトも大きいことはいうまでもない

さてこの心地よいひと時を求め探し始めなくてはならない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【最後のモーニング】 はコメントを受け付けていません

【米国主義の売国奴たち】

根拠なき愚策「子育て増税」に眼をそらす一方で
憲法改正に前のめりな憲法審査会
何度も言うように罪人、売国奴多き自民党は解党させるしかなく
鈴木俊一の無能さを見透かして投機筋が円売りを仕掛けるも何もできず
153円/ドルが生活を苦しめていることが理解できない
「お答えするのは難しい」なる歳を取っただけのバカ狸爺
自称学者の植田和男が金利を上げるとともに消費税を減税してGDPを上げればよいだけのこと

それにしても「子育て増税」に対し何も言わぬ愚民をみれば
もはやこの国は終わっている
ヤングケアラーや片親の貧困層、障害者家庭を助けるのであればまだしも
何故に健常者の子育ての支援をしなくてはならないのか
現行社会保険から引かれている「児童手当」の検証を何故にしないのか
出生率の指標をみれば効果がないのは明らかなこと
少子化の根本は政策(経済的理由)が主因であり
経済的主因に愚策(増税)であることを何故にマスコミは公言しない
分析をして原因を追及しない限り何も解決できない

憲法改正も同じこと
ボンクラ岸田が渡米するたびに軍事ビジネスに前のめり
国内では何かと9条(自衛隊の軍隊化)のみ注視しがちであるが 
問題は象徴天皇を元首に戻すこと(王政復古主義)による軍事産業への参画とともに
国民統治(財産・行動)に他ならない
そしてもっとも危険なのはこれらを決める国民投票制度
この投票制度も通常の選挙同様に最低投票率が設けられていないこと
国民の人口の2割が投票をしたところで、2割の過半数(人口の1割超)が賛成すれば成立してしまうこととなる
もはや軍事産業に片足を入れた今
公明や維新といったバカな与野党の輩たちがバカなルールを決め国民を苦しめる
そんなバカたち自らが戦地に行くことはなく
そんなバカたちのために罪なき国民が傭兵とり命を掛ける
逃げ出さないためにDXの名のもとマイナンバーに財産を紐づけにする

こうしてみれば
傭兵を製造するために国民から税金を徴収
無理と貧困を作っては傭兵生産
そのためのルール改正
全ては「今だけカネだけ自分だけ」なる官僚・政治屋のため
米国主義の売国奴たち

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【米国主義の売国奴たち】 はコメントを受け付けていません