【そこどけ そこどけ トヨタが通る】

三河自動車の誇る「レベル4」の自動運転バス「イ―パレット」
昨年8月 選手村で横断歩道を渡っていたアスリートを引いて
“発進は「レベル2」であった”と見苦しい言い訳
日産の自動車はPro-PILOTはレベル2でも自動発進する
発信をさせたオペレータ(トヨタ社員)を書類送検して幕引き?
そのオペレータも「選手が横断歩道を渡らないよう、誘導員が制止してくれると思っていた」なる弁明
「そこどけそこどけトヨタが通る」
章男愚か社員までもが何様のつもり?
あいにく選手村は三河ではなく もみ消しも聞かない
これが世界トップの自動車会社
三河自動車の体質が露呈した

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【そこどけ そこどけ トヨタが通る】 はコメントを受け付けていません

【必要だから】

特攻プリウスやタリバン、IS(過激派組織)への販売で売上を伸ばす三河自動車の傍らで
ホンダ、日産はようやく安全を脳波に求めて研究し始めた
こんなこと20年以上も前から云い続けていたこと
にもかかわらずスピード・コントロール(法定速度制御)を行わないのは
違反切符による収益を見込んでのこと
いきなり脳波などでなくともまずは画像処理によるスピード・コントロール(法定速度制御)だろうが
個性(見た目)・スペックがあるが故に粗製乱造(資源の浪費)を続けてきた自動車業界
OS化によりようやく「安全」への舵を切ったものの
同時に進めるべき方向は部品交換のみで乗り続けることができるカスタム化だろうが
ここにもまた「今だけカネだけ自分だけ」の壁がある
カネはついてくるもの まずは「必要だから」だろうが

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【必要だから】 はコメントを受け付けていません

【外交のできぬ無能な国ほど武器にしがみつく】

多額の血税を浪費して出た言葉が「核戦争に勝者なし」
この裏には財政窮地があることは間違いなく
飽和をしらない軍事拡大がある
それにしてもこのコメント
100億余りのカネを浪費して宇宙に行ってきた成金のお猿さんの
「これからはゴミを分別します」なるコメントとレベル等しく
次は各国が
「外交のできない無能な国ほど武器にしがみつく」なるコメントを出すのは何時のことか
「背に腹は代えられず」とEUまでもが原発再稼働の動きを見れば
残り28年 恐らく無理なのかもしれない
ここで天災さんや感染さんがより前に出れば
おバカな国々を寄り切ることができるかもしれない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【外交のできぬ無能な国ほど武器にしがみつく】 はコメントを受け付けていません

【検証なくして成長なし】

鎖国ができるにもかかわらず鎖国をしないこの国で順調に感染拡大
これは人為的第6波に他ならず 「検証なくして成長なし」だろうが・・・
もっとも第5は収束の原因もわからぬまま 誰でもなれる「無」専門家

それでも大発会はご祝儀相場というから 何ともめでたきこと
ホリエモンまでもが「感染者のほとんどが未接種者」などとおバカな発言
年があけてもボン岸田は「新しい資本主義」
政治屋の頭の中にスタグフレーションはなく あるのは参議院選
めでた過ぎて今宵も花火が上がるかもしれない

政治家が先知先覚 有権者が後知後覚であれば 政府に信頼度が高まるのだが
政治家が後知後覚 有権者が先知先覚となれば 政府を信用する者はいなくなる
その根源に「検証」がある

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【検証なくして成長なし】 はコメントを受け付けていません

【2022ジパング】

下らぬ脚本家の書いた番組が増えれば
民が洗脳されては下らぬ事件が多発しては価値観を変え社会を変える

すべての仕事が社会に必要な訳でなく
中国初の「寝そべり族」は社会へのあきらめから始めった訳だが
やがて勝ち組が寝そべりだすだろう
いや勝ち組の寝そべりはすでに始まっているともいえる

行き先を示せぬ国は錨をおろしたまま30余年
やがて船底から漏水が始まるもぼろきれをあてての応急処置
錨を挙げてドッグへ向かう訳でもなく
一部の乗客は金目のものを船外(国外)へ運び出し始めるも
甲板では宴を続け船位の低下にも気付かない

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【2022ジパング】 はコメントを受け付けていません

【成長なくとも持続する循環型社会(経済)】

世界中で資本主義が問題視されるのは
資本主義においては 誰かの犠牲の上に誰かの富があるわけで
その偏りが顕著になった(=格差が拡大した)からに他ならない
そしてそれは金星人が好きなグローバル化がこの仕組みを顕著に露呈したからといえる

企業は消費者の消費減少に脅え設備投資を控え内部留保に走る
こんな企業に学生が不安を抱き
Z世代は学生投資連合を作り市場参入
不安と欲望が投資となって参加するとどうなるか
損をしない市場はなく 人がリスクを取り過ぎればバブルとなり やがてはじける
格差拡大とともに 人がモノを買わなくなれば スタグフレーションとなりGameOver
労働者人口は減り インフラが保たれなくなれば民営化 生活補償も崩壊

一方で気候変動が進めば気候難民が生まれる
後知後覚な政治に不満を抱けば 政府への失望から暴動が発生
中国の繁栄がアメリカの富を奪い戦争へと発展しかねない状況にある
何故に成長が必要か
成長は必要なく繁栄があればいいだけのこと
低賃金であろうが税金や物価が安価で生活が保障されればよいだけのこと
愚策ばかりで分配を間違えては血税の浪費を繰り返す政府は廃止
「医・食・住 無税」を目標にかかげ
循環型社会のプラットホームを作り各自治体に競争をさせること
そこに新たなる事業が生まれ雇用が生まれれば自ずと人が集まる
遊びばかりの無能な地域協力隊も要らない
こんな答えを何故に導かせることができなのか
政治家や経営者が政治や経営をしないから(できないから)に他ならない

 

 

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【成長なくとも持続する循環型社会(経済)】 はコメントを受け付けていません

【年賀状】

二年参りには行かなくとも温かく強きご来光に思わず手を合わせ
洗濯とともに年が始まる
入浴中に年賀状が届き日美を見ながら読む
何気ないコメントや筆跡が新鮮でいて思い浮かぶ顔はいつも若々しい

便利だからとNetで済ませるのでなく
便利で時間が出来た分 相手に時間をかける
そんな風習こそ残したいのだが
どうも面倒と思う輩たちが増えているらしい

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【年賀状】 はコメントを受け付けていません

【晦日の粉糖】

20日の初氷に続き 30日には今年初めての雪が舞い 景色に粉糖を振掛けたかと思えへば
大晦日にかけ粉糖が増した
それでも粉糖は太陽と地熱でやがて溶ける

米露会談は平行線
そこに国を統治する国主のプライドが邪魔をするのだとすれば まだまだ視野は狭く
地球レベルな視野を持たぬ限り人類消滅の道を歩むことになる
民衆の声を聞きつつも体制安定を懸命に図ろうとする中共もまた民へのプライドは大きいが故
分断統治しかできないからして他国から反感を買うわけで

結局人間は理想を掲げてもプライドにより統治が出来ないのだとすれば
負けるが勝ち 無力の勝利 を悟ることなく
天災さんや感染さんの忠告を無視し続ければ
やがて人間よりつくられた溶けない粉糖により自滅の道を歩むこととなる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【晦日の粉糖】 はコメントを受け付けていません

【残り4年】

大納会はNY市場に反し前日比115円17銭安の2万8791円71銭となった
予想通り 出来高も10億にも満たず
ここに22年の日本経済が見えてとれるのだが
それでも日経、各紙は
年末終値としては史上最高値
1989年(3万8915円)以来32年ぶりの高値水準
などとおバカな報道
スーパーハイインフレと共に日本企業の物色が加速すれば
「賃上げ」「分配」どころではない
買い尽され売買高も減れば東京市場が見放される日もそう遠くはなく
全てが残り4年

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【残り4年】 はコメントを受け付けていません

【無能な国の薄っぺらな承認】

コロナに勝つ などと戦いを挑んだものの
愚策と共に敗れ去ったアベ・スカ政権
それでもワクチンが出れば検証なきワクチン頼みのスカ政策を引き継いだボン岸田に支持率は上昇
あえて戦いに必要な項目を上げれば
・敵方研究 情報収集・分析
・対抗手段(作戦立案)
・対抗(作戦)しうる国力(戦備)検討
・国民への説明・協力要請
・対抗(作戦)効果説明
・終結のゴールの設定
などがあげられるのだが
こうしてみれば現状の日本においてどの項目も欠落していることが判る
2020年の学びが皆無であることが判る
これを戦争に置き換えれば
如何なる軍備をしたところで無策・無力であることは明らか
サラリーマン多き自衛隊が戦場へ行けば即刻辞職届けとなることなど容易に想像ができよう
無論大本営に権限を集中させたところで何の効果もない
橋下、櫻井を筆頭とした権力好きなコメンテータが発意高揚したところで
戦場に行く訳でもなく 机上の薄っぺらな言葉にすぎない

飲み薬を承認したところで海外の動向をみての 根拠も責任もなき承認
北里大学の「ワクチン効果大幅低下」の報告もNHK以外黙認
名ばかりの無責任な「承認」が国の責任問題に発展しなければよいが・・・

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【無能な国の薄っぺらな承認】 はコメントを受け付けていません