【安保任せの政治屋たち】

この場に及んでアベノミクスの検証などと寝ぼけたことを言い出す福助枝野
その検証内容も幼稚そのもの
株価上昇にアベノミクスの影響などなく
企業業績は日銀の為替操作にすぎない
何番の矢がいかなる影響を及ぼしたのか 論理的に検証すべきである
さもなければ単なる 野党=批判 と化してしまう
「カネと政治」に焦点をあて
政治不信の根源となった
「森加計」「桜」「河ウソ1.5億」の徹底調査を自民党に代わり公約に上げた方がよい
外交音痴のミャンマー、アフガンへの対応を語った方がよい
経済制裁の仕方もわからぬおバカな政治屋たち
生まれた時(1959年)にはアンポがあった
訳も分からずスクラムを組んでアンポごっごをしていた
今この国は全てアンポ任せ
アンポ反対はいなくなった

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【安保任せの政治屋たち】 はコメントを受け付けていません

【これがニッポン】

戦勝国連合の国連に期待したところで
やってる感だけの国連には何の期待もできず
政治屋みたくカネを集め配ることだけ
カネで解決できることなどなく
そんな国連に失望し ならば自分たちが・・・
と命のかかったミャンマー国民が武器を手に立ち上がるも 力の差は歴然
このままでは破滅の道へとつながる
武力を持った統治国家に「内政干渉」など関係なく
「人権」に国境はない
何とかに武器
馬鹿には近寄らず 逃げるが勝ち
皆して命のビザを発行すべきなのだがその動きは依然なく 見て見ないふり
これがニッポン

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【これがニッポン】 はコメントを受け付けていません

【遊び同意書】

秋空に誘われて海へ山へと動き出す輩たち
そんな輩たちに天災さんが忠告 
墓参りに行かぬ輩たちにご先祖様が引導を渡した
「二度とこのようなことのないように・・・」と人災に仕立て上げる遺族たち
二度とこのようなことがないようにするには行かなければいいだけのこと
自ら好きで行ったことに人災も何もない すべて自己責任
誰が頼んだわけでもなく 自ら噴火見たさに御嶽に・・・
でも人災だというシャーロック・クレーマー
地元も入湯税みたく入山同意書と入山税をとってはどうだろ

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【遊び同意書】 はコメントを受け付けていません

【暑さ寒さも彼岸まで】

暑さ寒さも彼岸まで
待ちに待ったお彼岸となった
半殺しのおはぎもどこにあるのやら
昼間の蝉も午後には秋の虫たちにその座を奪われどこかへ行ってしまった
トンボたちだけが空を乱舞している敬老の日の黄昏

この時期になると高齢化率とともに老人の就業率が話題に上がる
人口が減れば高齢化率が上がるのは当たり前のこと
ここで問題になるのが少子高齢化による人口問題
果たして人口が減ることは本当に問題なのか?
アベノミクスの「一億総活躍」の目的は
税収が減り桜を見る会など自分たちの自由に使えるカネを心配してのこと
であることは今までに何度も述べた
残念ながら 人口減少⇒税収減少 なる根拠は何処にもない
にもかかわらず政治屋を取り巻く政商学者や無識者、マスコミたちが
人口減少=悪しきこと として「問題だ 問題だ」と騒ぎ立てる
人口が減少すると経済が停滞する?
馬鹿言うでない
人口に関係なく1989年から経済は停滞しているではないか
人口減少なる体験を日本人誰もがしたことがないだけであり
この先如何なる未来が来るかなるシュミレーションをすればよいだけのこと

というとおバカな政商学者がGDPを持ち出すも
人口が減り就業率が上がればGDPも上がる
問題はこれまでの粗製乱造によるインフラの維持に他ならず
カネのバラマキなら誰にでもできる
まずは生産効率低い官僚や政治屋たちの減給からだろうが

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【暑さ寒さも彼岸まで】 はコメントを受け付けていません

【同じ穴のムジナたち】

日曜の朝から皆口を揃えて「科学的根拠に基づいて」「丁寧な説明」「きちんとした・・・」「しっかりとした議論」を繰り返すムジナたち
すべて自民党で出来なかったこと
それを具体的にどう実現するかは誰も語らないのは見直しや数値化ができないからに他ならず
「元気があれば何でもできる!」なるノリの「法があれば何でもできる」を繰り返す
何の議論もせず多数決の強行採決で作った多くの愚策の評価をしなければ
世の中はどんどん衰退して逝くだけ
・評価に基づく改正・廃止を説く者はなく
・世界共通の問題「格差是正」
・国の問題「政治とカネ」についてはマスコミも候補者も沈黙
「人材多き」と自画自賛する自民党の中身がこの程度と知れば国に未来はない
何度も云う このおバカな候補者がまずすべきことは国民への謝罪だろう
見ればタヌキやアナグマに似ている 性格は面に出る
皆国民を騙し続ける面をしている

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【同じ穴のムジナたち】 はコメントを受け付けていません

【気概】

1ヶ月近くBlogが表示されないと連絡を頂き
度重なる原因不明のエラー404に陰の力を感じなくもないのだが
自分にとっては気概以外の何物でもないblogが
それだけ外部からの承認が得られたと思へば悪い気もせず
自分を律する気持ちがより斜め見に傾斜する

何があろうが時が答えを出してくれる

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【気概】 はコメントを受け付けていません

【派閥(組)解体から解党へ】

罪人多き自民党の総裁選
国民の関心事である森加計の再調査をすると明言をしたのは
どうにかこうにか推薦人を集め滑り込みした野田だけ
ここを見ただけでも視線が何処を向いているかが判る
派閥=組 に変えれば暴力団となんら変わらず
そこに政党政治のもともの言えぬ数の政治と暴力団抗争が重なる
政治屋と暴力団員との違いは政治屋が有権者により選出される点
故に政治屋(組員)が保身に走れば派閥(組)どころではない これよきこと
このおバカな党に期待することは派閥解体とともに党解体

この視点で見れば問題発言多き太郎ちゃんへの期待は高まる
重鎮を騙すべく猫を被っているのであれば問題ないが
猫でなくまんまの面であれば単なる世襲ボン太郎
短期決戦勝負の太郎陣営に長期戦をにらみ膿み出しを恐れる3A+二階

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【派閥(組)解体から解党へ】 はコメントを受け付けていません

【簡明率直に】

与野党問わず「改革=バラマキ」 それ故の「政治とカネ」が続く
今までの愚策の評価をして原因追究をしない限り単なる浪費と化しては国民からの借入を増やし続ける
となれば通常総退陣だろうが・・・
何が問題でどこへどれだけの金額が必要になるのか
これが官僚・政治家の仕事であるのだが
選挙のない(=失職することのない)官僚
何の項目でどれだけの予算をつければいくら自分の懐に入るか
さらに如何なる団体をつければ天下り先を作ることができるか
なる考えから根拠なき予算が膨れ上がる
実績や成果など関係がないとなれば 評価などするはずがなく
こんな官僚天国を続けながら国を終焉へと導くのだろう

さて 29年後にこの国はあるのか?
近年「そんな馬鹿な?」と言っていた知人たちから笑顔が消え始めた
自滅的でも破滅的でもなく 先を見るか見られないかだけの違い
ここ4年がタイムリミットと言ったところでもはや無理
となれば出来るだけ影響を最小限に抑え 残りの時間を楽しむしかない
簡明率直に

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【簡明率直に】 はコメントを受け付けていません

【冷めたダージリン】

彼岸を控え秋の夜風が鈴を鳴らす
床にヒーターを入れ 風が顔に触れれば心地よし
昼間の蝉や蜻蛉は何処にいるのだろう
温かくしているだろうか
午後の紅茶ならぬ深夜の紅茶

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【冷めたダージリン】 はコメントを受け付けていません

【極右ネトウヨ】

自民の馬鹿どもが総裁選に明け暮れ 岸防衛相が外遊をしている間に
自力でアフガニスタンから陸路で退避したアフガン人10人が入国
はたして「お・も・て・な・し」はされるのかなどと心配していたが
政府は日本定住のための長期支援策を検討しているらしく これよきこと
問題は定住を望まないネトウヨたち
今後世界中で労働者人口が減少することを何処まで理解しているのか
技能労働者などと低賃金で使い捨てにした結果
今後日本に働きに来る人は激減することが判らないのか
それとも老害麻生同様「日本人は単一民族」とでも本気で思っているのか
苦労をした人 切なき思いをした人ほど一生懸命働く

モスクが増えれば土葬を要求されるだの
外国人に国保を付与し高額医療を受けさせるなだの
視野の狭さに反吐が出る
こうしたネトウヨたちが高市のような右翼自民党を支えている
歴史の学び直しと共に世界情勢に目を向けなくてはならない
さもなければこれら輩たちが高市とともに戦争へ突き進むことになる
出兵前にアフガンにでも連れて行ってタリバンに教育をしてもらってはどうか

カテゴリー: 長岡暢の視点 | 【極右ネトウヨ】 はコメントを受け付けていません