【おかしな国ニッポン】

自称富裕層なる輩たちが都会から脱出
対向車線の長き渋滞をみればGoToキャンペーンの再開などする必要もなく
そこまでしてカネをばらまきたい真の目的は何なのか?
そこに自らへのフィードバックを企てる政治屋たち 政治屋にまとわりつく電通/パソナ/博報堂・・・etc
一般会計に予算をつけたところで大方が人件費と化せば
いくら予算をつけたところで自らの人件費を削減しない限りカネは足りない
もっとも一般会計の中身の大方は人件費であることを考えれば使われ方に問題はなく
だからと言って税収に応じ自らの人件費を下げることなくカネが足りぬと騒ぐ官公労
輩たちの頭の中に国民はなく「今だけカネだけ自分だけ」増税ボタンの企画を練る始末
これに対し納税者は怒って当然なのだが・・・
「増税は仕方ない」とわかったようなふりをしては国に従う信任人 おかしな国ニッポン

政治屋たちが憲法を変えたいと言い出すも
憲法は国民が国(大本営)を見張るためのもの
法律は国(大本営)が国民を統治するためのもの
このことを知っている国民がどのくらいいるのだろう

人多きベッドタウン船橋にて

カテゴリー: 長岡暢の視点 パーマリンク