Project Description

Ozonder 200(オゾンダー200)

オゾン除菌 オゾン消臭
オゾンによる除菌は、細胞の膜を破壊します、
細胞膜が破壊されたことで、核が溶け細胞は死滅しますので耐性菌を発生する可能性が極めて少ない。
更にオゾンは、作用後に酸素に戻るので安全です。
オゾンによる消臭は、悪臭を他の臭いで包み込んでごまかすのではなく、悪臭の元をオゾンで分解するので確実に臭いを絶ちます
・生鮮野菜、魚類肉類の鮮度保持
・養鶏、酪農事業の洗浄除菌消臭
・動物病院、ペット臭の除去
・クリーニング店の洗浄除菌消臭
・製造業の洗浄作業
・タバコ、トイレの消臭
・病院、介護施設等の消臭
・ホテルの客室、ロビーなどの消臭
・飛行機、新幹線などの乗り物の消臭
・洗顔でフェイスケア

オゾンダーはここが違う

価 格  69,800円(税別) (他社メーカーの半額以下です)
一般家庭にも業務用にも使用できてこの価格!!
生成量 オゾン生成量  200mg/h
オゾン量200mg/hなら、消臭・除菌が極めて短時間で完了!
特 徴 オゾンダーは軽量・コンパクト、片手で持ち運びが可能です。
小さくてスタイリッシュサイズですが、機能充実パワーは強力です。
置き場所を選ばず、どこでもフィット!
※別売りエアーレーションストーン装着でオゾン水精製可能な2way type

仕 様

外形寸法 幅 160cm ×高さ 220mm × 厚さ 70mm
オゾン生成量 200mg/h
電  圧 100V
消費電力 14w
重  量 1.3kg
運転仕様 サイクル運転
運転時間 1分~40分
待機時間 30分~360分

歯科医院での使用例

たちばな歯科医院 倉田院長先生によるコメント

歯科治療においてOzonder200を用いてオゾンダーから出るオゾンを貯水タンク内の水に通してオゾン水を作り、患部の洗浄水として使用している。
患部の洗浄を行いながら、オゾンによる効果で消毒、滅菌を行えるので重宝している。


使用するときのみオゾンダーを動作させ貯水ケース内に発泡し、余分なオゾンはそのまま下水管へ廃棄しているので、室内使用してもオゾン臭がすることなく快適に使用できている。

コンパクトなので治療台脇の棚(台)におけるので、大掛かりなタンクや装置にならず設置しやすい。

新製品 OzonderBox(オゾンダーボックス)

掲載記事

2020年5月16日 長野日報掲載

新製品 OzonderBox-L(オゾンダーボックス-L)

カタログ

●従来機の【OzonderBox】にUV紫外線ランプ採用 オゾン+UVのダブル滅菌

●室内スペースを大きくし対象物拡充

●研究用 業務用 家庭 美容 医療 工具滅菌

仕 様

品 名 オゾンダーボックス-L
オゾン量 10mg/h
照射波長(nm) 253.7nm、184.9nm
定格入力電圧(v) AC100V(50/60hz)
消費電力(W) 10W
動作時間(分) 最長15分(タイマー式、電源スイッチ兼用)
外径寸法(mm) 幅346×奥行338×高さ230mm
庫内有効寸法(mm) 幅280×奥行265×高さ105mm
本体質量(kg) 約4.4kg
コード長さ(m) 1m

用 途

●マスク
●タオル/衣類
●お礼/財布
●デジタル製品(携帯電話/タブレット)
●カラオケ・マイク
●ベビー用品
●医療ツール
●美容・理容用
・・・etc

紫外線とは、

●地上に降り注ぐ太陽光の中には紫外線、可視光、赤外線等の電磁波があります。

●人間の眼に見える光のうち、最も波長の短いものが紫色であり、それより短い波長は目に見えず、波長が10~400nm(ナノメートル)の範囲を紫外線と呼んでいます。

●波長が短くなるほどエネルギーが強く、波長によっては様々な性質や作用がありあます。

●代表的な採用は、100~230nmの波長は、空気の中の酸素と反応し、オゾン、又はイオンが生成されます。

●オゾンは塩素の数倍の酸化力があり、協力な酸化力を持っています。そして、この強力な酸化力の為に、大半の物質を劣化させてしまいます。

●260nm前後の波長は、殺菌線と呼ばれています。それは生物の生命を維持する為の重要な成分であるDNAに吸収され、最近やウィルスのDNAを破壊するからです。

●200~300nmの紫外線は、紅斑作用で紫外線を浴びた後、皮膚が赤くなり、時として火傷状態になります。長時間紫外線に当たると、色素沈着によりシミ、ソバカスの原因にもなります。

●しかし、300nm前後の紫外線は、骨の形成に必要なビタミンDを体内で生成し、健康線、又はドルノ線と呼ばれ、健康上なくてはならないものです。

一般的に波長によって

紫外線(UV)_C 100~280nm
紫外線(UV)_B 280~315nm
紫外線(UV)_A 315~400nm に分けられています。

オゾンとは、

●太陽から放射される光と酸素が反応して、酸素原子が3個結合したものがオゾンです。

●地球上空の10~50kmの成層圏内にはオゾン層があり、太陽からの有害な紫外線はこのオゾン層によりほとんど遮蔽されてしまします。このメカニズムは、オゾン層上空では酸素分子が光を吸収し、酸素原子が活発に生成されます。下層部にある酸素分子と反応し、オゾンが生成されます。しかし、320nm以下の紫外線により、酸素に還元され、結果的にオゾン層により遮蔽されたかたちになります。

●オゾンはものを参加する力が強く、フッ素に次ぎ、塩素より数倍まさり、殺菌、消毒、脱臭などに利用されています。

●しかし、この酸化力の為に、高濃度のオゾンは、ゴムやプラスチック等の変化を起こし、生体にもの摂傷を与えることがあります。

●水の浄化には絶大な効果があります。

●飲料水のカビ臭対策として塩素の投入が施されていますが、殺菌用に使用した塩素がトリハロメタンを発生させこの物質は発ガン性物質として問題になりました。オゾンによる浄化は脱臭ばかりではなく、殺菌、脱色にも優れ、おいしい水を作ります。

●又、オゾンは強い酸化力を持ちながら、きわめてクリーンな気体であり、時間の経過と共にもとの酸素に戻り、常温で、完全に密閉された中でも一日で半減以下になってしまい、他の酸化剤、化学物質などのような、二次的なおっせんは全くありません。

●オゾンは、最終的にすべて酸素に還元します。

改めて、紫外線効果とは

●殺菌力の強い波長254nmと、強力な酸化作用と、脱臭効果を持つオゾンの発生を伴う185nmとの組み合わせにより、あらゆる場面で優れた校歌を発揮します。

●殺菌力について、特に260nm付近は直射日光の波長350nmの1600倍にも達し、ウィルスからカビまで総ての微生物を短時間で殺菌することが出来ます。

●安全性は、殺菌後の毒物の残留が全くなく、使用する紫外線は透過力が非常に弱い為、ポリフロロエチレン以外は殆ど透過しません。その為、直接肉眼で覗いたり、肌に一定時間以上の照射をしない限り問題はありませんが、一応注意を払う必要があります。

●波長185nmの紫外線は、空気中の酸素と反応し、オゾンを発生します。

●そしてオゾンと波長254nmの紫外線との反応により活性酸素が発生し、強力な酸化作用で汚染有機物質を分解します。同時に陰イオンを生成する作用があり、新進をリラックスさせる働きを持ちます。

●又、360~390nm付近の紫外線を、光触媒に照射することにより、殺菌、脱臭等が可能になります。

紫外線ランプの発行原理

●ガラス管の両端に取り付けられた電極管に高電圧をかけると、管内に残存する電子が陽極に引かれて高速に移動し、管内のアルゴンと衝突します。

●衝突により電離増殖した陽イオンが陰極に衝突し、陰極から二次電子をたたきだして放電を開始します。

●放電により流れる電子は水銀電子と衝突し、励起した水銀が紫外線を放射します。

紫外線ランプについて

紫外線ランプには、石英ガラスを用いています。
硝子管内にはアルゴン、極微量の水銀が封入されており、放電させるとにより185nm、254nmの紫外線が放出されます。

又、放電管の一般的な特性として、絶対暗黒中、又はそれに近いような条件、及び10°以下の低温で使用しますと、初期放電開始に時間の遅れが生じることがあります。

新製品 Ozonder Bag Personal(オゾンダーバッグパーソナル)

カタログ

●洗濯のできないもの、しづらい物を専用袋(CV Bag)を用いてオゾンで誰でも簡単に除菌

●CV Bagは注入されたオゾンが漏れ出ない構造となっているため安全性を確保、効率的に袋内にオゾンを充填させることができます(CV:逆止弁)

オゾンのメリット

●水を使わない
●殺菌効果が強力
●残存毒性がない
●臭いも消せる

対象物例

●マスク:個人ごとの袋での利用が便利(企業/団体/医療機関/学校/営業・販売/飲食/食品工場・・・etc)

●遊具(ブロック、ぬいぐるみ・・・etc):保育園/幼稚園など不特定多数の使用環境

●衣服:毎日洗濯ができない衣類(コート、背広、作業着・・・etc)

構 成

●Ozone Generator(オゾン発生器)
●専用チューブ
●専用ノズル
●CV-Bag(逆止弁付き袋)※5種類(別売り)
・・・1台
・・・1本
・・・2本

仕 様

型 式 MN-2020A
オゾン出力 600mg/時間
タイマー 1~60分
消費電力 6W
電 源 AC100V
外形寸法 280×190×75mm
重 量 0.75kg

CV-Bag(逆止弁付き袋)※5種類

●何れかのバックをお選びください

サイズ 梱包枚数 サイズ 充填時間
S 10枚 17×23cm 20~30秒
M 2枚 40×60cm 6~8分
L 2枚 60×80cm 14~16分
LL 2枚 70×90cm 16~18分
XL 2枚 67×110cm 18~20分

マスクの除菌・脱臭使用例

1.マスクを入れ軽く空気を抜いて袋を閉じます

2.チューブのノズルを袋の注入口に挿入します

3.オゾンを20~30秒注入

4.5分以上経ってから取り出しご使用ください

※取り出した際、マスクからオゾンのニオイがしますが、放置もうしくは大気中で軽く振るとオゾンは自然分解して酸素に戻ります。

※時間は除菌・脱臭の状況に応じて異なります。
臭いが取れない場合はもう一度行ってください。

掲載記事

2020年12月1日
長野日報

お問い合わせ