Project Description

自動火災通報装置 火事ですよ!

・サービス利用料が発生しない。(=課金がされない)

・民間警備保障会社などに比べはるかに通報が早い。(=生存率の向上/損傷減少)

・最大8か所まで自動通報により多くの人々に自動通報。(地域の絆構築)

高齢化社会が進む中、高齢者の死者数が7割弱を占める。

これに対し行政は住警器の設置を推進してきたものの、住警器の設置率と火災発生件数は相関関係になく、その効果は現時点みられない。

平成24年中における高齢者の死者の割合は年々増加しており、平成24年は過去最高の67.4%で、特に75歳以上の後期高齢者は全体の46%を占めている。
出火時の状況は、高齢者の一人暮らしが32人、高齢者のみの世帯が16

ヒストリー

昔から火災予防といえば拍子木による呼びかけ。

下諏訪では消防車の鐘を鳴らした呼びかけ。
結局は一人一人の注意しかない。
何故に長い間このままなのか?
人間だもの・・・忘れてしまいたいことばかりでなく、忘れてしまうこともある。
母一人、娘一人
僕のモノづくりのベースはいつもここから始まる。

娘が勤め先から帰ったら火災で皆焼失してしまった。
こんな悲しいことはない。
火災警報器は鳴り響いているものの老いた老人が身動き取れなく逝ってしまう。
こんな悲しいことはない。

視覚障害者が火災にあったら・・・
考えただけで涙が出てくる。
如何なる設定をもって火災警報器の取り付けが義務付けられたのか知らない。
でも高齢化や核家族化が進む中
悲しい思いはしたくない。

高気密住宅が増える昨今
火の見やぐらから煙が見えた時は遅すぎる。
警備会社の火災警報器が働いたところで
警備員が現地に30分して駆け付け
それから消防署へ通報では遅すぎる。

人には逝き方を選ぶ権利があっていいのだと思う。
留守中家のことが心配になるのは誰とて同じこと。

たとえ独りでも住処なのだから・・・
消防署員の目的が火災撲滅というのならば
人による119番の通報を待っているのでなく、自動通報装置「火事ですよ!」を採用すべきである。

昼間勤めに出て人がいなかったならば、通報しようにもしようがない。
別荘や公民館など日ごろ人がいないところにも使用できる。
ランニングコストも電気代と電話代のみ。
どこからも課金されない。

NEWタイプ

インターネットや3Gを通じて火災発生を電子メールで知らせることができる自動火災通報装置

煙や熱を感知すると、センサーと本体の双方から警報音が鳴り、最大8件のアドレスにメール送信

●高齢者、身障者のみならず留守中の火災発生を想定。

●火災発生をメールで知った第三者が本人に代わり消防へ通報することにより人名救助の可能性を高め延焼も最小限に抑えることが可能。

●火災報知器が火災発生時の煙や熱を感知すると、火災報知器と「火事ですよ!」本体の双方から警報音が鳴り、最大8件のアドレスにメール送信。

●メール内容は自由に設定可能。

●急病などの非常時に連絡ボタンを押下すると設定アドレスにメール送信。

●ご自宅の環境(ネット環境/非ネット環境)に合わせてタイプを選択。
※非ネット環境においては通信料要

仕 様

本体サイズ 150(W)×100(D)×45(H)mm(足、ボタン、ジャック部分等を除く)
質 量 約250g(暫定)
電 源 ACアダプタ(DC5V2.5A) サイズ:46×34×23mm(暫定)
入 力 火災検知信号(移報接点)最大2台(有線入力:a接点)
LANポート 電源端子
通報設定数 最大8箇所
表示ランプ 電源(×1)センサ検知(×4)見守り中(×1)(照光式スイッチによる点灯)
押し釦スイッチ 見守り切り替え/緊急通知/解除ボタン兼用

Bタイプ

製造終了

インターネットを通じて火災発生を電子メールで知らせることができる自動火災通報装置【火事ですよ!】。

・火災発生をメールでお知らせします。
・高齢者、身障者のみならず留守中の火災発生を想定。
・火災発生をメールで知った第三者が本人に代わり消防へ通報することにより人命救助の可能性を高め延焼も最小限に抑えることが可能。
・火災警報器が火災発生時の煙や熱を感知すると、火災警報器と「火事ですよ!」本体の双方から警報音が鳴り、最大8件のアドレスにメール送信。
・メール内容は自由に設定可能。
・急病などの非常時に連絡ボタンを押下すると設定アドレスにメール送信。
・【火事ですよ!】は、ご自宅の環境に合わせて選択、増設が出来ます。
・音声入力対応

仕 様

本体サイズ 153(W)×110(D)×40(H)mm(アンテナ、ボタン部分を除く)
アンテナ:約116mm
質 量 約250g
電 源 ACアダプタ(DC9V1.3A) サイズ:46×34×23mm
入 力 火災検知信号(無線)最大52台
LANポートUSB端子 電源端子
通報設定数 最大8箇所
表示ランプ 電源(×1)センサ検知(×4)見守り中(×1)

火災警報器⇒本体 無線信号到達距離:見通し距離で約30m
(見通し距離)
※無線到達距離は、周囲環境、設置条件、等により異なりますので、目安としてください。

<Bタイプ基本セット>

構成内容 ①【火事ですよ!】本体 1台
②中継器 1台
③火災警報器(けむり)1台(親機)
④火災警報器(ねつ)1台(子器)
金 額 99,800円(税別)

<オプション>

※火災警報器(熱感又は煙感)(子器)は最大52台まで増設可能(オプション)です。

※増設ご希望の場合はご相談ください。

※仕様等につきましては予告なく変更することがございますのでご了承願います。

掲載記事

2013年9月13日
信濃毎日新聞掲載
2013年9月30日
市民新聞掲載
2013年10月2日
日経MJ掲載
お問い合わせ