Project Description

カテーテル受け台

国際モダンホスピタルショウ2018
第11回 みんなのアイデアde賞「グランプリ受賞」

==グランプリ受賞==

「国際モダンホスピタルショウ2018」における
特別企画「第11回 こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞」にてグランプリに選ばれました。

今回は医療ヘルスケア機器推進研究会メンバーのLADVIKが開発

フィットにて販売をすることになりました。

■背景

カテーテルの接続口が他の物に触れないように設置できるホルダー

内頚静脈に挿入されたカテーテルにルートを接続する際、接続口が不潔にならないように片手でカテーテルを保持している必要がありました。

カテーテル接続口を安定的に固定することで、カテーテルとルートの接続手技が未熟なスタッフが実践しても観戦リスクを軽減することができます。

ICU・救急病棟・血液浄化センターでは。常時2~3個所持しており、処置時毎回使用していますカテーテルホルダーがないと処置ができないスタッフがいるほど浸透しており、使いやすいとの評価を頂きました。

台/小2タイプを用意しました

品 番 LAD-K□-01U
台部材質 SUS304
脚 部 軟鉄
脚部コーティング ウレタン



仕 様

掲載記事

2018年6月12日
信濃毎日新聞
2018年6月12日
中日新聞
2018年6月12日
毎日新聞
2018年6月12日
長野日報
2018年6月12日
市民新聞

エキスパートナース2020年2月号

ご購入

お問い合わせ